MicroStation CONNECT Edition Help

参照の切り取り

切り取りツールを使用すると、参照の表示をより正確に制御することができます。

  • 「参照ファイル枠外切り取り定義」ツールでは、要素、セル、枠などを境界にして参照を切り取ることができます。参照を切り取ると、選択した境界の外側の部分が表示されなくなります。
  • 「参照の一部をマスク」ツールでは、参照の一部の領域をカバーする枠を使用することができます。

参照の表示をより正確に制御するには、同じ参照で境界の切り取りと切り取りマスクの両方を使用します。参照ファイルの要素は、切り取り境界線の内側にあり、なおかつすべての切り取りマスクの外側にあるときのみ、表示されます。

SET REFBOUND [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: 「ビュー属性」ダイアログボックスのビューの「境界線表示」属性がオンになっている場合、参照の切り取り境界線とともに切り取り領域の境界線が表示されます。参照の切り取りはワールド座標値に相対的に定義されるため、切り取り領域はすべてのビューで同じになります。
注記: 参照をアタッチする場合、保存ビューの境界線を切り取り境界線として使用することができます(「保存ビューを使用して参照をアタッチするには」を参照)。
注記: 枠外切り取りの編集ハンドルが4方向すべてオフになっている保存ビューが、「ビューを同期」ドロップダウンリストを「領域のみ」に設定した状態でアタッチされている場合、その参照に対する枠外切り取りは作成されません。これにより、参照アタッチメントは参照モデル内の保存ビューの境界線外で作成された新しい図形を表示できます。