MicroStation CONNECT Edition Help

標準チェッカー構成変数

次の表に、標準チェッカーに影響する構成変数を示します。各構成変数は有効な値です。値が有効な場合、設定は上書きされません。構成変数の変更を有効にするために、終了して再起動する必要はありません。

変数 Short name 説明
MS_STANDARDSCHECKER_SETTINGSFILE Required Standards Checker Settings File 標準チェックで使用される*.dgnlibファイルを設定します。この変数を設定すると、標準チェックには指定されたファイルが常に使用されます。
MS_STANDARDSCHECKER_SETTINGSNAME Required Standards Checker Name 使用する設定値の名前を設定します(MS_STANDARDSCHECKER_SETTINGSFILE).で指定されたファイル内)。この変数が設定されている場合は、異なる名前付きの設定値を選択することはできません。
MS_STANDARDSCHECKER_OUT Standards Checker Report Directory 標準チェッカーレポートの既定のディレクトリ。
MS_STANDARDSCHECKER_STYLESHEET Standards Checker Style Sheet この変数を設定した場合は、標準チェッカーのXMLレポートの表示に使用されるXMLスタイルシートを指定します。この変数は、ファイルまたは、ブラウザでスタイルシートの場所を見つけるためのURI(Universal Resource Identifier)にすることができます。この変数が設定されていない場合$(MS_DATA)standardschecker.xsl内のXMLスタイルシートが使用されます。
MS_STANDARDSCHECKER_APPS Standards Checker Applications 標準チェッカーユーティリティの起動時にロードされるMDLアプリケーションの一覧。