MicroStation CONNECT Edition Help

画像マネージャでの画層ごとの線属性の調整

複数の対象ファイルを選択すると、複数のファイルに存在する画層で線属性を無効にすることができます。たとえば、Borderという名前の画層をもつファイルが複数あり、その画層の要素が、ファイルごとに異なる色で表示されているとします。この場合、色属性を1回変更するだけで、選択したすべてのファイルで色を変更することができます。

下の例では、相対ファイルが選択された状態で「画層マネージャ」ダイアログボックスが表示されていますが、Level 1は、BSI300AE9-Shell.dgnでは青色で、BSI300S-9-Structural.dgnでは黄色です。一番下の図では、両方のファイルが選択され、色が緑色に変更されています。修正されたLevel 1は、Δ列に黒丸でマークが付けられますが、これは、色の設定が、元の参照ファイルの値と異なるためです。

注記: 参照画層の材質の属性は上書きすることができません。