MicroStation CONNECT Edition Help

多角形から定義

「印刷スタイル」ダイアログボックスの「枠」タブから「多角形から定義」を選択すると、「多角形から定義」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、座標そのものが印刷範囲になる多角形の属性を定義します。



「多角形から定義」ダイアログボックス

「検索」セクションで、「マスターモデル」または「参照ファイル」チェックボックスをオフにすると、境界線を定義する多角形の検索対象を制限することができます。印刷オーガナイザの既定では、境界線を定義する多角形を検索する際、各マスターモデルとその参照ファイルがすべて検索対象となります。特定の参照ファイルに検索を絞るには、ファイルの論理名("border"など)またはファイル名(ドライブ名やフォルダを含まない"border.dgn"など)を「参照ファイル」リストボックスに入力します。参照ファイル名に正規表現を使用することもできます。

特定の画層に検索を絞るには、「多角形のプロパティ」セクションの「画層」リストボックスに画層名を入力します。参照ファイルと同様に、画層名に正規表現を使用することもできます。特定の色、幅、またはスタイルに検索を絞るには、「色」フィールド(0~255)、「幅」フィールド(0~31)、および「スタイル」フィールド(0~7)を使用します。各フィールドに指定可能な値は、単独の整数値、ハイフンで区切った整数値の範囲、およびカンマで区切った値と範囲です。例:1, 2, 3, 5-7

"最初の一致する多角形から1つの印刷定義を作成する"を選択した場合は、最初に一致した多角形が印刷範囲として使用され、"一致する各多角形に1つの印刷定義を作成"を選択した場合は、多角形ごとに1つずつ印刷定義が作成されます。構成変数MS_PLT_AUTOAREA_RESULT_LIMITは、複数の図形やセルを検索するときに作成される印刷定義の最大数を定義します。既定の制限値は500です。