MicroStation CONNECT Edition Help

モデルの参照

多くの場合、特に大規模なプロジェクトの場合、デザインモデルがアクティブなモデルと1つまたは複数の他のモデルへの 参照 から構成されている場合があります。これらの参照は、開いているDGNファイルに含まれる他のモデルである場合と、他のDGNファイルに含まれるモデルである場合があります。

他のモデルがアクティブなモデルへの参照として含まれている場合は、元のモデルへのリンクは保持されたままです。これは、元のモデルを変更すると、参照にもその変更が反映されることを意味します。参照を使用すると、1つのプロジェクトで複数のデザイナが同時に作業できるようになります。たとえば、土木デザイナは土塁モデルで、建築デザイナは建物のモデルで、機械デザイナがプラントモデルで作業することが可能になります。各デザイナは、他のデザイナのモデルを自分のモデルへの参照として含めることで、他の分野でデザインの変更を迅速に反映させることができます。

シートモデル内のデザインモデルへの参照

図面形式でデザインのハードコピーを作成するには、 シートモデルの初期設定 が必要です。標準的なシートモデルは、図面の作成条件に合わせて尺度および位置が設定されているデザインモデル参照のコレクションから構成されており、通常は図面の境界線内を印刷できます。

シートモデルでは、必要に応じて寸法やその他の注記を追加できます。参照ツールを使用して、図面の作成に必要な参照を操作できます。通常、この作業には、参照の折りたたみ、コピー、拡大/縮小、切り取り、回転、マスク、鏡映などが含まれます。3次元参照を操作するときは、外形線の設定を使用して、参照を図面に対して正確に表示することができます。

シートモデルは、印刷してハードコピードキュメントを作成できる仮想的な用紙と考えることができます。シートモデル上のデザイン図形要素は、同じDGNファイルまたは他のDGNファイルのモデル、あるいは両方の組み合わせから、参照としてアタッチされます。