MicroStation CONNECT Edition Help

最小2乗法:数で

この方法では、形状制御線の中の制御点の数を調節することができます。

制御点の数がデータ点または頂点の数より少ない場合、曲線は最小2乗法を使用して滑らかに配置されます。

一般的に、形状制御線の中の制御点の数が多いほど、曲線は正規の形状に近いカーブを描きます。次の図で、B-スプラインの基準となっている連続線分は実線で表示されています。形状制御線は点線で表示されています。



制御点の数がそれぞれ3つ、4つ、5つのときに、同じ連続線分に基づいて作成した、最小2乗法によるB-スプライン曲線。