MicroStation CONNECT Edition Help

「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックス、「全般」タブの「フォント」

DWGおよびDXFファイルとしてフォントを保存する場合のオプションを設定するときに使用します。「ファイル」 > 「名前を付けて保存」を選択し、「ファイルの種類」リストでAutoCAD図面ファイル(*.dwg)を選択して「オプション」ボタンをクリックすると開きます。

「全般」タブには以下のオプショングループもあります。



「DWG/DXFとして保存オプション」、「全般」タブの「フォント」オプション

設定説明
DWGファイルのコードページ DWGファイルで使用するコードページを定義します。

オペレーティングシステムではコードページを使用して、言語サポートのためのフォントまたは文字を定義します。通常、コードページはオペレーティングシステムに定義されているので、DWGファイルのコードページを変更する必要はありません。

文字スタイル名テンプレート 文字スタイル名を制御します。

DWGファイルのすべての文字は、文字スタイルの割り当てが必要です。文字スタイルのないDGN文字要素をDWGに変換すると、自動的に文字スタイルが生成されます。既定では、スタイル名は「Style-フォント名」です。たとえば、文字スタイルがなく、フォントがEngineeringに設定されている文字には、「Style-Engineering」というスタイル名が生成されます。「文字スタイル名テンプレート」設定を編集すると、この名前の付け方の規則を変更することができます。

「文字スタイル名テンプレート」に %文字が含まれている場合、これは必ずフォント名に変換されます。この文字が使用されていない場合、テンプレートのないすべての文字は、単一文字スタイルに変換され、フォント情報は破棄されます。

MicroStationフォントをAutoCADフォントに変換 オンの場合、MicroStationフォントをAutoCAD SHXフォントに変換します。

MicroStationでは、TrueTypeフォント、AutoCAD SHXフォント、およびリソースファイル(font.rsc)に保存されたフォントがサポートされます。このオプションをオンにした場合、MicroStationは、font.rsc内のフォントをAutoCAD SHXフォントに変換して、これらのフォントを使用するMicroStation文字がAutoCADで外観上まったく同じように表示されるようにします。ご使用のコンピュータにAutoCADがインストールされている場合、変換済みのフォントを格納するディレクトリとして、AutoCADのフォントディレクトリが選択されます。AutoCADがインストールされていない場合、またはこのディレクトリを変更したい場合は、別のディレクトリ名を入力するか、隣にある「SHXファイルのパスを参照」アイコンをクリックして保存先のディレクトリを変更することができます。

SHX出力ディレクトリ AutoCADフォント格納先のパスとファイル名を設定します。ファイルシステムからAutoCADフォントファイル名を選択するには、「値」列をクリックします。