MicroStation CONNECT Edition Help

アンダーレイ

アンダーレイは、本質的にはラスター参照です。次に、MicroStationでのアンダーレイの動作を示します。

  • DGWファイル内のDGNアンダーレイ - DGNアンダーレイを開くと、「DGN Underlay」の後に数値インデックスが付加された論理名を持つDGN参照ファイルになります。

    DWGファイルを保存するときに、「DGN Underlay」という前記号を論理名に持つDGN参照ファイルは、DGNアンダーレイになります。

    DWGファイルとして「名前を付けて保存」しても、DGNアンダーレイを作成することができます。「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「参照」タブで、「外部参照ファイル」の設定に「DGNアンダーレイ」を選択します。外部参照としてアタッチされたDGNファイルは、すべてDGNアンダーレイになります。

  • PDFアンダーレイ - DWGファイル内のPDFアンダーレイは、PDFラスター参照ファイルになります。これはラスターマネージャのPDFファイルのアタッチ機能によりサポートされています。
  • DWFアンダーレイ - DWFアンダーレイはMicroStationではサポートされていません。
注記: Bentley製以外の製品では、DGNアンダーレイで実行できることに制限があります。したがって、DGNアンダーレイよりも外部参照の使用をお勧めします。