MicroStation CONNECT Edition Help

カメラ操作

図で確認しながら視円錐を修正すると、レンダリング用に表示を簡単に設定できます。ただし、より正確に操作するには、「カメラ定義」ツールのアイコンバーにある「カメラ操作」アイコンから選択できます。「カメラ操作」オプションを使用すると、視円錐の動きを制御して、表示を細かく迅速に調整できます。このとき、次の設定を行うことができます。

  • カメラビューのポインタの移動に相対的に移動。
  • 各データ点は、「動きの制御値」が定義されていると、定義した距離または角度で視円錐の移動、周回、または回転を行います。
  • 相対的な設定フィールドにキー入力コマンドで定義されている内容に従います。
    操作 アイコンバーで選択するツール
    カメラまたは被写体を、相互に対して放射状(水平または垂直)に移動します。


    パン
    カメラまたは被写体を、相互に対して放射状(水平)に移動します。


    水平にパン
    カメラまたは被写体を、相互に対して放射状(垂直)に移動します。


    垂直にパン
    カメラをロールまたは傾斜。


    ロール
    カメラを水平または垂直に移動します。


    ドリー/エレベート
    カメラを内側、外側、または横向きに移動します。


    ドリー
    「レンズの焦点距離」を変更します。


    レンズの焦点距離
    レンズのビュー角度を変更します。


    レンズのビュー角度
    ビューのウォークスルー


    パン/ドリー