MicroStation CONNECT Edition Help

測地データカタログファイルのパス名

パス名は、カタログファイル内の各エントリで最初のアイテムであり、必須です。パスは、完全パスまたは相対パスとして指定できます。MicroStationでは、システム固有の命名法を前提とせず、ディレクトリの区切り文字としてスラッシュもバックスラッシュも普通に使用できます。

相対パスを指定するには、相対パスの先頭にシーケンス"./"または".\"を付けます。この表記法を採用すると、さまざまなプラットフォーム間の違いによる影響をコードが受けなくなります。すべてのケースにおいて、相対パスは、データカタログファイルが存在するディレクトリを基準としているものと見なされます。同じように、パスの先頭のシーケンス"../"または"..\"は、測地データムカタログファイルを含むディレクトリの親ディレクトリを指します。

パス名には、適切な拡張子を含める必要があります。拡張子は、データファイルのタイプとデータファイルの処理で使用する適切なアルゴリズムを特定するために使用されます。US NADCONデータファイルの場合は、2つのファイルが実際に参照されるため、拡張子として".L?S"を使用します。不明な拡張子やあいまいな拡張子が検出されると、エラー条件が生成されます。

シャープ記号、カンマ、二重引用符文字などの特殊文字が必要なパス名は、二重引用符で囲む必要があります。実際のパス名に二重引用符を含めるには、連続する2つの二重引用符文字を使用します。

必要に応じて、パス名には、最大3つの位置引数を続けることができます。パス名を引数から区切ったり、引数を互いに区切ったりするには、カンマを使用する必要があります。3つの引数は、バッファサイズ、フラグ、および密度です。