MicroStation CONNECT Edition Help

横メルカトル図法(非常に一般的)

名前 横メルカトル図法(非常に一般的)
モデル 円筒形
タイプ 正角
子午線 直線の中央子午線に向かってくぼんだ複合曲線

直線の中央子午線が赤道および1本の子午線と90度で交差

緯線 最も近い極に向かってくぼんだ複合曲線
子午線の間隔 直線の中央子午線における間隔の距離が正確

接触子午線から遠ざかるにつれて間隔が広くなる

緯線の間隔 接触子午線から遠ざかるにつれて間隔が広くなる
線形目盛り 接線に沿って正確、または

接線から等距離の2本の平行線に沿って正確

特徴 形状は狭い範囲でのみ正確

接触子午線から遠ざかるにつれて面積が拡大する

接線沿いの15度帯内で適度な精度を実現

各シートに個別の中央子午線がある場合、東西方向でエッジが一致しない

用途 UTMゾーン

世界の多くの国々が広く使用

東西より南北に広い領域