MicroStation CONNECT Edition Help

モデル

DGNファイルはモデルから構成されます。MicroStationのツールを使用して要素を作図または配置すると、その要素はアクティブなモデルに追加されます。モデルは2次元または3次元のいずれかで、個別のオブジェクトとしてDGNファイルに保存されます。モデルには、次の3種類があります。デザインモデル、図面モデル、シートモデル。

デザインモデル - DWGモデル(モデル空間)に類似するモデルで、デザイン図形要素から構成され、2次元または3次元のいずれかになります。デザインモデルは、参照として使用したり、セルとして配置することもできます。DGNファイルには、デザインモデルを無制限に作成することができます。一方、DWGファイルフォーマットでは、1つのファイルに1つのモデルしか作成することができません。

図面モデルも、DWGモデル(モデル空間)に類似していますが、2次元または3次元のデザインモデルのサブセットで、デザインに注釈、寸法、吹き出し、その他の装飾を適用するときに使用します。DGNファイルには、図面モデルを無制限に作成することができます。一方、DWGファイルフォーマットでは、1つのファイルに1つのモデルしか作成することができません。

シートモデルは、DWGデザインレイアウト(ペーパー空間)に類似するもので、一般的に完成した注釈付きの図面を作成するときに使用されます。DGNファイルには、シートモデルを無制限に作成することができます。また、DWGファイルフォーマットでも、作図レイアウトを無制限に使用することができます。

DWGファイルに保存されるモデルの操作

DWGファイルフォーマットでは、1つのモデルと無数の作図レイアウトを作成することができます。DGNファイルで、DWGファイルに保存するモデルを操作するときは、デザインモデルまたは図面モデルを1つだけにしてシートモデルを無制限に使用すると、互換性を容易に確保することができます。

DGNモデルをDWGファイルに保存するときは、既定のデザインモデルは、DGWファイルのモデル空間に保存され、シートモデルは作図レイアウトに保存されます。「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスには、既定外のデザインモデルと図面モデルを保存する、以下のオプションがあります。

  • 「単独ファイルの作成」オプション - 各既定外デザインモデルまたは図面モデルが個別のDWGファイルに保存されます。既定外デザインモデルへの参照ファイルは、新しい個別のモデルDWGファイルを指すXREF挿入ファイルに保存されます。
  • 「ペーパー空間を作成」オプション - 各既定外デザインモデルまたは図面モデルが既定のデザインモデルが入っているDWGモデルにある作図レイアウト(ペーパー空間)に保存されます。参照ファイルは、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「既定外モデルの参照ファイル」設定値に従って統合されます。
  • 「無視」オプション - 既定外モデルがDWGファイルに保存されません。参照ファイルは、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「既定外モデルの参照ファイル」設定値に従って統合されます。
注記: DWGファイルフォーマットでは、MicroStationで使用可能な参照タイプの一部しかサポートされません。

DWG作業モードでのモデルの操作

DWG作業モードでは、1つのデザインモデルまたは図面モデルと無数のシートモデルを操作することができます。デザインまたは図面モデルはモデル空間に保存され、シートモデルは作図レイアウト(ペーパー空間)に保存されます。