MicroStation CONNECT Edition Help

交通シミュレーション

一連のアニメーションツールにより、一般道路または高速道路の交通をシミュレーションできます。これらのツールを使用すると、道路網を作成し、車両を配置したりさまざまな速度で動かしたりできます。さらに、出口車線や入口車線を設けることができます。

たとえ急斜面の道路であっても、車両は基となっている道路との接触を維持し続けます。オプションで車両に繰り返し回数を設定することで、アニメーションの実行中、交通の流れを一定に保持させることもできます。複数車線スクリプトは、各車両にいくつもアクターを作成する必要なく、自動的に作成されます。

注記: 3次元コンテンツのサンプルをダウンロードし、インストールすることで、Marlin Studioのカーライブラリやその他のセルライブラリを活用できます。

アニメーション化した交通シミュレーション

車線の設定

道路や高速道路に沿って車両を走行させるには、一連のパスまたは車線を定義する必要があります。車両はこれらの車線をたどります。アニメータはこれらの車線を、車両が動く路面上のポイントを計算するためのみに使用します。したがって、車線は路面上に正確に配置する必要はありません。ほとんどの場合、これらの車線は路面上のどこに配置してもかまいません。パス情報を持つ2次元レイアウトファイルを参照して、車線のベースとして使用することさえ可能です。ただし、1つの車線が橋の下を通過し、次いで立体カーブとなるような場合、交差する各路面上に正しいパスが形成されるよう、3次元で定義する必要があります。

交通シミュレーションで入口車線と出口車線をリンクした場合で、アニメータが実行されていないときにその車線を削除した場合、アニメータは削除された車線への参照を、リンクされた車線の属性として保持します。アニメータはその旨をメッセージセンターに表示し、ANIMATOR TRAFFIC LINK CLEANUPキー入力コマンドを実行して参照をクリーンアップするよう促します。このキー入力コマンドを実行すると、アニメータはすべての車線リンクを検証し、正しくない車線リンクを削除します。

出口と入口

高速道路の入口と出口につながる車線を定義するとき、車線パスどうしを結合させないでください。入口につながる車線パスと出口につながる車線パスは車線の中央線によって定義されます。交通シミュレーションシステムは、入口または出口車線の車両を、メインの高速道路に自動的に合流させます。この処理には、統合される車線を走る車両の速度と、入口または出口で合分流する車両の速度が考慮されます。画像にすると、次のとおりとなります。



入口車線(左)と出口車線(右)