MicroStation CONNECT Edition Help

ファイル保護を有効にするには

  1. 「ファイル」 > 「設定値」 > 「構成」 > 「構成変数」の順に選択します。

    「構成変数」ダイアログボックスが開きます。



  2. 「カテゴリ」リストボックスで、「保護」を選択します。

    ファイル保護の構成定義が開きます。

  3. 編集する定義を選択し、「編集」をクリックします。

    「構成変数を編集」ダイアログボックスが開きます。

  4. 「モードを編集」を「上書き」に設定し、「新しい定義」フィールドの0を適切なファイル保護値に変更します。
    ファイル保護値 説明
    0 ファイル保護を無効にする(既定)
    1 パスワードまたは証明書による保護を有効にする
    2 パスワードによる保護を有効にする
    3 証明書による保護を有効にする

    「構成変数の定義内容」フィールドの値も変更され、「OK」ボタンがアクティブになります。

  5. 「OK」をクリックします。

    「構成変数」ダイアログボックスが開きます。

  6. 「OK」をクリックします。

    「注意」ボックスが開きます。

  7. 「はい」をクリックして構成の変更を保存します。

    構成の変更は、終了して再起動してから有効になります。

    注記: 以前のMS_PROTECTION_ENCRYPTMS_PROTECTION_ENABLEに置き換えられました。