MicroStation CONNECT Edition Help

断面ビューへの詳細吹き出しの配置

シートに断面ビューを配置したら、次に、その断面ビューに詳細吹き出しを配置して、詳細ビューを作成することができます。これを行うには、「図面を作成」を有効にした状態で、 「詳細吹き出しを配置」 ツールを使用します。



3次元詳細吹き出し図面シードを使用して吹き出しを配置する場合、デザインモデル内に3次元詳細ビューが作成され、2次元詳細吹き出し図面シードを使用して吹き出しを配置する場合は、シートモデル内に2次元詳細ビューが作成されます。

詳細ビューを作成した場合は、参照と同様にシートに詳細ビューを配置することができます。また、詳細吹き出しの断面ビュー固有のプロパティ(上面の高さ、底面の高さなど)は、不注意で変更されてしまう可能性がほとんどなくなります。

シート内詳細、すなわち作成されたシートモデル内で2次元詳細ビューの参照を作成したい場合は、中間図面モデルを作成するのではなく、詳細ビューを作成してから、その詳細ビューをシートモデルに直接参照することをお勧めします。