MicroStation CONNECT Edition Help

ツールのプロパティ

開いているDGNファイルにツールを追加する場合は、そのプロパティを決定して、内容を設定する必要があります。必要な数のプロパティをツールに追加することができます。ツールに追加したプロパティは、そのツールを選択すると「プロパティ」パネル内に表示されます。新しいツールを追加すると、既定で次のプロパティが設定されます。

  • キー入力コマンド - "null"に設定
  • バルーンテキスト - "新しいツール"に設定
  • 関連テンプレート - "現在の設定を使用"に設定
  • テンプレートのパス - "なし"に設定
  • アイコン - 「新しいツール」アイコンに設定
  • ツールのプレゼンテーション - "アイコン + ラベル"に設定
  • ツールのタイプ -"標準"に設定
  • 次元 - "両方"に設定

既存のツールをコピーして新しいツールを追加する場合は、新しいツールにコピー元のツールのプロパティが継承されます。開いているDGNファイルのツールに対して、プロパティの追加、変更、および削除を実行することができます。ツールにプロパティを追加するときに、次のカテゴリからプロパティを選択することができます。

  • デザインファイルの設定値 - スナップ、角度、グリッドロック、ストリーム連続線分と曲線などのツール設定値が含まれます。
  • ロックの設定 - 複数のロックのタイプをオンまたはオフにするツール設定値が含まれます。
  • 全般設定 - アイコン、ツールのプレゼンテーション、ツールタイプ、および次元の設定が含まれます。
  • コマンドデータ - キー入力コマンド、バルーンテキスト、およびテンプレートの設定が含まれます。
  • ダイアログアイテムの設定 - これらのプロパティを使用してツール設定値を定義することができます。
注記: アプリケーションツールから開いているDGNファイルにコピー可能なツールの中にはそのプロパティを変更できないものがあります。これらのツールによってMDLアプリケーション内の処理が実行されるため、これらのツールにはキー入力コマンドのプロパティがなく、その他のプロパティは開いているDGNファイルにコピーしても変更することができません。「ビュー属性」ツールと、「本図」リボングループのほとんどのツールがこれに該当します。

下の表は、カスタムツールに追加することができるプロパティのリストを示しています。カスタムツールの設定に必要のプロパティには名前の前にアスタリスクが付けられています。既定では、一部のプロパティは表示されません。

ツールのプロパティ
デザインファイルの設定 キーポイントスナップ等分  
  軸の増分  
  軸の開始角度 軸ロックの始点角度。
  アクティブ角度  
  スナップの上書き  
  スナップモード  
  グリッド単位  
  グリッド参照  
  丸め単位ロック 単位ロックに関連する「距離」フィールド。
  増分  
  INCLUDEコマンドのタブサイズ  
  ストリーム差  
  ストリーム許容差  
  ストリーム角度  
  ストリーム領域  
  グリッド構成 選択肢は「直交」または「オフセット」です。グリッド点を等間隔で配置する場合は、「オフセット」を選択して、「グリッドアスペクト」を0.2886751346に設定します。
  グリッドのアスペクト  
  グリッドの角度 グリッドの回転角度、0~360度の範囲の値。
  グリッドの方向  
  サーフェスキャップモード 直方体、球、円柱、円錐、トーラス、およびウェッジを配置するときに指定するタイプ。「キャップ」に設定した場合は、ソリッドと見なされます。「キャップの付いていない」に設定した場合は、サーフェスと見なされます。
  セルライブラリ  
  丸め単位ロック比 この値に丸め単位ロック値を掛けて丸め単位ロックを設定します。この値が0で「単位ロック」がオンの場合は、グリッドアスペクトが使用されます。
  IGDS互換寸法  
  IGDS互換の複線  
  アイソメ平面  
ロック 関連付け  
  スナップ  
  グリッド  
  単位  
  ボアサイト  
  角度  
  文字ノード  
   
  尺度  
  図形グループ  
  画層  
  枠の内側(重なり)  
  枠の切り取り  
  枠の外側  
  セル伸ばし  
  補助座標  
  アイソメ  
  奥行き  
  注釈尺度  
  共有セルとパラメトリックセルの定義を表示  
  実尺度のセル  
全般設定 * アイコン 新しいツールを追加すると、既定でそのツールが「新しいツール」アイコンで選択されます。このアイコンは、開いているDGNファイル内のファイル、インポートしたビットマップファイル(BMPファイル)、インポートしたアイコンファイル(ICOファイル)、またはMicroStationアイコンに変更することができます。「BMPをインポート」ダイアログボックスを使用して、複数のサイズのビットマップファイルをインポートすることができます。インポートしたICOファイルは自動的にサイズが変更されるため、1種類のICOファイルをインポートするだけで済みます。

「選択したアイコンをインポート」または「選択したビットマップをインポート」リストからアイコンをインポートした場合は、そのアイコンが開いているDGNファイルにコピーされます。開いているDGNファイル内のアイコンは、「ツールのアイコンを定義」ダイアログボックスで選択することができます。その他のリストから選択されたアイコンは、ソフトウェアに組み込まれているため、開いているDGNファイルにコピーされません。アイコンを「アプリケーションツール」からインポートした場合は、そのツールボックスの名前がアイコンの名前の前に付加され、「アプリケーションツール」のアイコンとは異なる一意のアイコンになります。

  ツールのプレゼンテーション カスタムツールボックスでのアイコンの表示方法を、アイコンとラベル(既定)、アイコンのみ、またはラベルのみに設定します。
  ツールのタイプ ツールの動作を設定します。"標準"(既定)では、他のツールが選択されるまで現在のツールがアクティブのままになります。"プッシュボタン"は、設定を調整するために使用します。たとえば、キー入力コマンドの"co=3;lv=default;wt=2;as=1"によって、アクティブな色、画層、線幅、および線種が設定されます。
  次元 そのツールが、2次元DGNモデル、3次元DGNモデル、その両方(既定)のどれなのかを指定します。

次元がアクティブなモデルの次元と合っていないツールを使用しようとすると、ステータスバーにエラーメッセージが表示され、そのツールはアクティブになりません。

  表示/非表示テスト このドロップダウンメニューで選択したテストに基づいて、ツールボックスでのツールの表示/非表示を指定します。テストは名前付き演算式に基づいています。
  ヘルプID カスタムツールをヘルプトピックにリンクするために内部的に使用します。MicroStationのシンタックスは「ustnhelp:MicroStation HelpStringName」です。

ヘルプIDが割り当てられている場合は、「タスク」ダイアログボックスでカスタムツールを右クリックしてヘルプを表示できます。

コマンドデータ * キー入力コマンド ツールを実行するためのキー入力コマンドを入力します。この値を「NULL」に設定することもできます。

キー入力コマンドがMDLアプリケーションによって定義された場合は、その名前の前にMDLアプリケーションのタスクIDが括弧付きで付加されます。ツールをDGNライブラリにコピーするときに、オリジナルのキー入力コマンドを使用する場合は、そのキー入力コマンドにタスクIDが角括弧で囲まれて付加されていることを確認してください。別のキー入力コマンドを実行する場合は、文字列全体を書き換えます。

次のシンタックスを使用して、カスタマイズしたツールで複数のアプリケーションとキー入力コマンドを実行することができます。[taskID_1;taskID_2;] key-in_1;key-in_2;key-in_3。MDLアプリケーションの数とキー入力コマンドの数を同じにする必要はありません。最初に、ロードされていないMDLアプリケーションがロードされ、次に各キー入力コマンドが処理されます。

この構文は、DGNライブラリベースのツールにのみ適用されます。

  * バルーンテキスト ポインタをアイコン上に移動したときに表示されるツールチップ。
  * 関連テンプレート ツールが使用されたときの「アクティブな要素テンプレート」アイコンの状態を設定します。"常に使用"ではアイコンがオン状態になります。"使用しない"ではアイコンがオフ状態になります。"現在の設定を使用"の場合は、ツールが使用されたときにアイコンの状態は変化しません。アイコンがオン状態のときに「テンプレートのパス」を定義した場合は、ツールで配置した要素がそのテンプレートに関連付けられます。
  テンプレートのパス ツールを関連付けるテンプレートと、テンプレートを配置するテンプレートグループを指定します。テンプレートのパスは、変更することも、"なし"に設定することもできます。関連テンプレートを"使用しない"に設定した状態でテンプレートのパスを指定した場合、配置した要素にはテンプレートのプロパティが使用されますが、テンプレートは関連付けられません。
  既定のテンプレート 既定のテンプレートをツールに割り当てることができます。既定のテンプレートを割り当てたツールを使用すると、既定のテンプレートのプロパティがアクティブになります。さらに、「関連テンプレート」と「テンプレートのパス」が設定されている場合は、関連付けられたテンプレートのプロパティが要素に適用されます。関連付けられたテンプレートと既定のテンプレートのプロパティが指定されている場合は、関連付けられたテンプレートのプロパティが優先されます。既定のテンプレートのプロパティだけが指定されている場合は、そのプロパティが要素に適用されます。次に、キー入力コマンドを実行するように指定し、ダイアログアイテムを設定すれば、それらが要素に適用されます。
ダイアログアイテムの設定 ダイアログアイテム名 ツールの設定をカスタムツールに追加することができます。たとえば、長さが制限された直線を配置するカスタマイズされたツールを作成することができます。

ダイアログアイテム名は、ツール設定値ダイアログボックスにおけるツール設定の技術的な名前です。どのツールが選択されている場合でも、ダイアログアイテム名の最初の部分は必ず"ToolSettings"になります。ダイアログ名とアイテム名は大文字と小文字が区別されます。

  タイプ 上記ダイアログアイテム名のタイプ。サポートされているタイプは、リテラル、距離、領域、および3次元領域です。これらの値は、開いているDGNファイルの作業単位からメートルに変換され、メートルで保存されます。
  上記タイプの値。たとえば、制限された直線を配置するカスタムツールの場合は、そのダイアログアイテムの1つが直線の長さ、つまり、距離になります。この値は事前に設定された直線の長さです。