MicroStation CONNECT Edition Help

ユーザーの認証

作成者は、次の方法で権限があるユーザーを指定できます。

認証の種類 説明
デジタル証明書 証明書に基づく受信者のライセンスは、指定された証明書の所有者のみが使用できます。これは暗号化されたE-Mailを受信者に送信する場合と同様です。つまり、作成者がユーザーの公開鍵を使用してライセンスを作成した場合、ライセンスを開くには対応するプライベートキーを使用する必要があります。保護されたファイルを開くと、MicroStationユーザーの保護されたキーストアに含まれる必要なプライベートキーが検索されます。ユーザーがプライベートキーを持っていれば、受信者のIDがある証拠とみなされ、権限を持つユーザーとして認証されます。また、受信者のライセンスに含まれる権限がMicroStationから認められます。
スマートカード スマートカードは、証明書に基づく受信者ライセンスの一種です。ユーザーは、"トークン"または"スマートカード"に格納されたデジタル証明書に対応するプライベートキーを用意します。また、プライベートキーにアクセスするときに、スマートカードを使用して自分を認証する必要があります。どちらかに失敗すると、ライセンスは開きません。
パスワード パスワードを知っているユーザーであれば、誰でもパスワードライセンスを使用できます。通常、作成者は同じファイルに異なる権限が設定された複数のパスワードを作成します。それから、作成者は"安全"なチャンネルを使用してユーザーにパスワードを送信します。パスワードで保護されたファイルを開くと、パスワードの入力が求められ、そのパスワードに対応するライセンスが検索され、パスワードライセンスに含まれる権限が許可されます。
全員 全員ライセンスは、証明情報がなくても全員が使用できます。このオプションは、一般的に限定された権限や認証URLと組み合わせて使用した場合にのみ有効です。全員ライセンスは、対象となるパスワードまたは受信者のライセンスのグループにも追加できます。この場合、その他のライセンスにアクセス権がないユーザーであれば、全員ライセンスが既定として選択されます。

キー入力コマンドを使用して全員用のライセンスを作成すると、保護された項目について確認する警告メッセージがステータスバーに表示されます。

認証URL 認証URLを使用すると、上記のライセンスをすべて修正できます。作成者がURLを追加すると、ユーザーがそのURLにもアクセスできる場合にのみ、MicroStationでライセンスが使用されます。URLは、保護されたWebDAVサーバー上、またはVPN経由でアクセスしたサイト上のファイルを識別できます。そのため、ライセンス認証機能の上層に組織独自のユーザー認証を適用できます。