MicroStation CONNECT Edition Help

タグ

MicroStationタグは、デザインに描かれた要素にアタッチできる要素です。たとえば、セルには、その名前や番号を含むタグをアタッチすることができます。タグは、AutoCADの属性と似ていますが、後者はより拘束されます。AutoCADの属性は、必ずブロックの一部になり、要素にアタッチすることができません。

DWGファイルに保存されるタグの操作

DWGファイルに保存されるDGNファイルを操作する場合は、以下の点に注意してください。

  • MicroStationのタグは、タグセットの一部として定義されますが、この種のオブジェクトはAutoCADに存在しません。DGNファイルをDWGファイルに保存すると、タグは個別の属性になり、タグセット名は失われます。
  • タグをDWGファイルに保存するときに、タグを単純な文字要素に保存することもできます。その場合は、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「フィルタ」タブで「タグ」オプションをオフにします。
  • DWGファイルフォーマットでは、タグは文字でのみ定義されます。DGNファイルをDWGに保存する場合は、他のデータ形式(整数および実数)は自動的に文字タイプに変換されます。
  • DGNファイルのセルに文字入力フィールドが含まれている場合は、それらが属性に変換されます

DWG作業モードでのタグの操作

DWG作業モードで操作する場合は、以下の点に注意してください。

  • タグは、共有セルにアタッチする必要があります。DWG作業モードでは、共有セルのみを配置することができます。
  • MicroStationのタグは、タグセットの一部として定義されますが、この種のオブジェクトはAutoCADに存在しません。MicroStationで属性を含むDWGファイルを開くと、各共有セル定義に含まれるすべてのタグで、共有セルと同じ名前を持つタグセットが作成されます。
  • タグデータは、文字としてのみ定義することができます(DGN作業モードでは、タグデータも整数および実数として定義することができます)。

AutoCAD属性定義で作成されたタグの操作

MicroStationでは、DWGファイルを表示するときに、AutoCAD属性定義が、AutoCADでの表示を忠実に再現するためのタグに変換されます。タグは次のように処理されます。

  • マスターファイル内では、タグ名が表示されます。
  • 可変タグとして参照されている場合は、まったく表示されません。
  • 定数タグとして参照されている場合は、その名前が表示されます。