MicroStation CONNECT Edition Help

地理座標系の使用

地理座標系(GCS)を割り当てる対象としては、構造尺度データと地球尺度データがあります。

  • ビル、スタジアム、工場などの建造物をデザインする場合には、構造尺度データを使用して、その構造に適した座標系を割り当てます。ビルの地表面に沿った正面左側に原点を置き、ビルの正面に正のX軸、ビルの側面に正のY軸、地表面からの高さに正のZ軸を割り当てたとします。入出力するデータは、必ずこの座標系を基準とした相対的な値になります。座標系を選ぶ上で、構造の地理的位置と方位は考慮されません。

    複数の構造で、どの構造も地球座標を持たない座標系で描画する場合は、Placemarkを使用して、現行の座標系に相当するGCSを作成することができます。

  • 地球尺度データは、大規模なインフラストラクチャをデザインするときや地図を作成するとき、またはデザイン位置に適したデカルト座標系を提供する適切な投影地理座標系を調査するときに使用します。デザインファイルが同じGCSを使用する場合には、ファイル同士の相互参照を簡単に行うことができます。ただし、異なるGCSを使用しているデータを参照する場合には、特殊な計算が必要になります。

「地理座標系」ダイアログボックスは、デザインデータに適用する地理座標系(GCS)を選択するのに使用します。

地理座標系を複数のデザインファイルに適用するには、地理座標系を割り当てるキー入力コマンドを使用してバッチ処理を実行します。バッチ処理プロセスで定義されたキー入力コマンドは、地理座標系を必要なファイルに割り当てます。