MicroStation CONNECT Edition Help

ビューを適用





選択された吹き出しから作成される保存ビューを適用するために使用します。デザインモデルの吹き出しの上にポインタを置いたときに表示されるミニツールバーから、ツールにアクセスできます。

ポインタをミニツールバーの上に置くと、ツールチップには保存ビューのタイプと保存ビューの名前が表示されます。たとえば、「Test-1」という保存ビューが適用された断面吹き出しの場合、ポインタを断面吹き出しのミニツールバーの「ビューを適用」ツールの上に置くと、「断面ビューを適用」と「Test-1」がツールチップに表示されます。



設定説明
カメラの位置


カメラを保存ビューの正確な位置および方向に配置します。オフの場合、ビューは現在のアクティブな位置から回転しません。
ビュー属性


「対象を開く」ドロップダウンリストで選択された図面またはシートモデルの「ビュー属性」を使用します。
注釈


デザインモデルの「対象を開く」ドロップダウンで選択された図面またはシートモデルで、注釈を適用します。
切り取り面


切り取り面全体を適用します。
枠外切り取り


切り取り境界線を適用します。
注記: 切り取り面または枠外切り取り設定値のいずれかを適用できます。
画層


「対象を開く」ドロップダウンで選択された図面またはシートモデルでオンになっている画層のみを使用し、その他のすべての画層をオフにします。画層のオン/オフ状態が、選択したビューウィンドウに対してのみ適用され、全体表示には適用されません。