MicroStation CONNECT Edition Help

ラスタライズ後の品質係数

ラスタライズモードで印刷する場合のラスター解像度に対するプリンタドライバ解像度の割合(%)。つまり、100はドライバの解像度で印刷をラスタライズする必要があることを意味します。この値を50に設定した場合は、印刷が使用可能な解像度の半分でラスタライズされます。この設定は、出力品質より印刷のファイルサイズを優先する場合に適しています。

細かい線描画を含む印刷は、デバイスの解像度でラスタライズされていない場合にきれいに印刷されない可能性があるため、ラスタライズ後の品質係数は小さな値にしないことをお勧めします。

注記: このプロパティはWindows、PDF、およびPostScriptの各プリンタドライバで使用されます。
  .PLTCFGエディタ内
プロパティ名またはレコード名 ラスタライズ後の品質係数
0~100までの数字
既定 100