MicroStation CONNECT Edition Help

アキュドローとスナップ

精密なオフセットを作成することは、デザインの過程の基本的な機能です。アキュドローは、この重要な機能を、スナップを利用することにより実行します。手動で入力することも可能ですが、アキュスナップを利用すればこの手順をさらに効率化することができます。

アキュスナップを利用する場合も手動でスナップを入力する場合も、アキュドローとスナップを使用する上で重要となるのが「始点を設定」機能です(<O>ショートカットキー入力)。スナップがあるとき、<O>キーを押すと、コンパスがスナップ位置に移動されます。

アキュドローにより動的なスナップモードが入力された後、次の方法でデータ点の最終的な位置を設定します。

  • 「アキュドロー」ウィンドウを使用して座標データを入力します。
  • 2番目のスナップおよびさまざまなロック(X/YまたはD/A)を使用して、オフセットを対話的に設定します。

後者の方法は、2つの要素からオフセットを設定することが必要な場合に有用です。