MicroStation CONNECT Edition Help

CALSがサポートする設定値ファイル

エクスポート設定値ファイル"cals1.sfo"および"cals2.sfo"では、エクスポート設定値を以下のように指定します。

設定 CALS Class I “cals1.sfo” CALS Class II “cals2.sfo”
スタートセクションファイル CALS Class Iのスタートセクションでは"cals1.ssf"テンプレート CALS Class IIのスタートセクションでは"cals2.ssf"テンプレート
2次元化 上からオン

CALS Class Iのファイルのエンティティはすべて2次元である必要があります。ファイルは、任意の標準ビューで2次元化することができます。「2次元化」が「なし」に設定されていてDGNファイルが3次元の場合、IGESファイルはCALS Class I準拠ではありません。

オフ
標準色 オン

CALS Class IのIGESファイルでは、カスタムの色定義は認められていません。

オフ
既定図面

CALS Class IおよびIIのIGESファイルには、少なくとも1つの図面エンティティが含まれている必要があります。

オン オン
除外エンティティ

(IGESエクスポート)「IGESエンティティを除外」ダイアログボックス(インポートIGES)「IGESエンティテイを除外」ダイアログボックスを参照)

CALS Class I規格に含まれないエンティティはすべて除外されます。 除外されるエンティティはありません。
フォント(「フォントマップ」ダイアログボックス(エクスポートIGES)「フォント」ダイアログボックス、および(インポートIGES)「フォント」ダイアログボックスを参照) すべてのMicroStationフォントは、IGESフォント1、1001、および1002にマッピングされます。CALS Class IのIGESファイルで使用可能なフォントはこの3つのみです。 すべてのMicroStationフォントは、IGESフォント1、1001、1002、および1003にマッピングされます。CALS Class IIのIGESファイルで使用可能なフォントはこの4つのみです。
画層配置(「設定値」メニュー>「画層」(IGESエクスポート)「画層」ダイアログボックスおよび(インポートIGES)「画層」ダイアログボックスを参照) DGNファイルの要素はすべて、IGESファイルの画層0に配置されます。 要素はDGNファイルと同じ画層にそのまま配置されます。
ヒント: "Cals1.sfo"または"cals2.sfo"はカスタマイズ可能です。エクスポート設定値を変更した後は、「IGESファイルをエクスポート」ダイアログボックスで「ファイル」 > 「設定」 > 「名前を付けて保存」の順に選択して変更内容を保存することができます。