MicroStation CONNECT Edition Help

ソリッドの面に傾斜をつけるには

  1. 「面に傾斜をつける」ツールを選択します。

  2. メニューから「方向」を選択します。
  3. 必要な傾斜の角度を「ドラフト角度」フィールドに入力するか、「変数リンク」を使用して「変数」ダイアログボックスにある使用可能な変数の中から設定します。
  4. 必要に応じて「滑らかな面を追加」をオンにします。
  5. ソリッドを選択します。

    ソリッドがハイライト表示されます。

  6. 傾斜をつける面を選択します。

    選択された面がハイライト表示されます。これにより、傾斜をつけるためのベクトルの始点も定義されます。

  7. (オプション) 面を追加するには、<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力します。具体的には、<Ctrl>キーを押し、目的の面がハイライト表示されるまでカーソルを移動します。<Ctrl>キーを押したままデータ点を入力して、ハイライト表示された面を選択します。リセットすると、最後に選択した間違った面の選択を解除できます。
    ヒント: 重なり合っている面の背後側の面を選択するには、最初に面上にデータ点を入力します(あるいは<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力します)。すると、最も近い面がハイライト表示されます。次に、目的の面がハイライト表示されるまでリセットを繰り返します。
  8. データ点を入力して傾斜をつけるためのベクトルの終点を定義します。

    ベクトルの始点と終点は、ドラフト角度が適用される傾斜の方向を定義します。ベクトルの終点を定義すると、傾斜が作成されます。

    左: 複数の面を選択した場合。「方向」を「ビューX」、「ドラフト角度」を20度に設定|右: 「方向」を「デザインX」、「ドラフト角度」を10度に設定。