MicroStation CONNECT Edition Help

IGES図面シートとビュー表示

1つのIGESファイルには、モデル(実際の幾何形状)と、異なるビューのモデルを表示する1つ以上の注記付き図面シートを作成することができます。図面エンティティ(タイプ404)では、注記エンティティの集合体および1つ以上のモデルのビューとして図面シートを指定します。

MicroStationでは図面エンティティは直接サポートされていませんが、シートファイルに同じ機能があります。図面エンティティを含むIGESファイルは、以下のように分割することができます。

  • モデルを含むDGNファイル
  • それぞれの図面エンティティに対して作成された1つ以上のシートファイル(各図面ビューへのアタッチされた参照および図面エンティティに関連する注記エンティティを含むDGNファイル)

またIGESには、MicroStationによって直接サポートされない"ビュー表示"という機能があります。

  • 異なるビューごとに個々のエンティティの表示のオン/オフを切り替えるには、関連性インスタンスエンティティ(タイプ402、フォーム3)のビュー表示フォームを使用します。この属性を、ビュー表示といいます。
  • 異なるビューごとに個々のエンティティの線属性(線種パターン、色、線幅など)を変更するには、関連性インスタンスエンティティ(タイプ402、フォーム4)のビュー表示、色、または線幅フォームを使用します。この属性を、ビュー線属性といいます。

「IGESファイルをインポート」ダイアログボックスの「図面」オプションメニューで、IGESファイルをインポートする際の図面エンティティやビュー表示、ビュー線属性の取り扱いを制御します。