MicroStation CONNECT Edition Help

カスタム座標系を使用するための作業フロー

地理空間情報として使用されるモデルがデカルト座標系で描画されている場合、既知の地理座標系に直接関連付けることができます。その後でジオリファレンス機能を使用すると、多様な投影システムを持つモデルを、マスターモデルのアクティブ座標系と相対させながら、アタッチしたり再投影したりできます。では、デザインモデル内に配置されたBIMプロジェクトでデザインプロセスを最適化するというシナリオについて考えてみましょう(ファイルの0.0近く)。このような場合、カスタム座標系をファイル内に作成する必要があるかもしれません。これを達成するには、緯度と経度の座標値を含む一連のPlacemark目印点を作成してから、これらの点の最適化によって正積方位投影座標系を作成します。その後、カスタム座標系を使用して他の地理空間的に有効化された領域を揃えます。このことを一般的な手順として説明したものを次に示します。