MicroStation CONNECT Edition Help

アニメーションカメラの設定

アニメーションシーケンスを作成するときに、アニメーションカメラ、被写体、または保存したビューをスクリプト化することで、視点の変化を指定できます。

アニメーションカメラと被写体の基本

特定のフレーム番号から各アニメーションカメラがアクティブになるようにスクリプト化することで、アニメーションシーケンスに1つ以上のアニメーションカメラを使用できます。その特定のフレームを起点に、アニメーションビューは名前が指定されたカメラから撮られます。また、アニメーションカメラが写す被写体も指定できます。

アニメーションカメラは特殊なアクターです。アニメーションカメラの動作は、通常のアクターと同様に、キーフレーム、パス、スクリプトを使用して制御できます。また、「アクターを操作」ツールを使用して操作したり、標準的な操作ツールを使用して位置を変更することもできます。被写体は、別のアクター、またはアニメーションカメラのように特殊なアクターである特殊な被写体要素の可能性があります。

カメラと被写体の操作

アニメーションカメラと被写体を作成およびアクティブ化するツールは、「アニメーション」タブに含まれます。

既存のカメラまたは被写体について操作するツールのツール設定値ウィンドウには、カメラ名または被写体名が含まれるリストボックスがあります。

リストボックスでカメラまたは被写体の名前をクリックして選択すると、ビューウィンドウのカメラまたは被写体が強調表示されます。同様に、カメラまたは被写体を図で識別することもできます。

保存ビューのスクリプト化

アニメーションカメラからのビューと同様に、保存ビューがアニメーションシーケンス時にアクティブになるようにスクリプトを作成できます。スクリプト化された保存ビューは、キービューとも呼ばれます。アニメーションカメラと同様に、ある保存ビューから次の保存ビューへ移行する方法を指定できます。