MicroStation CONNECT Edition Help

3次元でのアキュドローの使用

通常、3次元では、モデルを「アイソメ」などの視覚的なビューで視覚化するのが簡単です。アキュドローを使用すると、標準の直交ビューで作業しているかのように要素を配置しながら、視覚的なビューで作業できます。これは、アクティブなビューの向きに関係なくアキュドローが自動的にデータ点をそのデザイン平面上に制限するためです。



3次元の視覚的なビューで上面ビュー平面に揃えて傾けられたコンパス