MicroStation CONNECT Edition Help

可変印刷定義

印刷オーガナイザで可変印刷定義を作成できるようにするには、印刷オーガナイザの「選択事項」ダイアログボックスで「可変印刷定義を有効化」チェックボックスをオンにする必要があります。オンにすると、DGNファイル、DWGファイル、ラスターファイル、およびPDFファイルが印刷オーガナイザに追加されたとき、可変印刷定義が作成されます。

ヒント: MS_PLT_ENABLE_VARIABLE_DEFINITION_MODE構成変数を1に設定して可変印刷定義を作成することもできます。


印刷オーガナイザの「選択事項」ダイアログボックス

可変印刷定義には、ソースファイルの名前(およびDGNまたはDWGのソースファイルのオプションのモデル名)と印刷スタイルの名前のみが含まれています。このため、作成手順はすぐに終了します。可変印刷定義に他の印刷プロパティが保存されることはありません。これらは印刷またはプレビュー中に印刷スタイルから取得されます。したがって、印刷スタイルの内容によっては、1つの可変印刷定義が1つまたは複数の印刷ページを表す場合があります。印刷スタイルに加えられた変更は、その印刷スタイルを参照する任意の可変印刷定義が次回に印刷またはプレビューされたときに出力に反映されます。

可変印刷定義に印刷プロパティを割り当てるには、印刷スタイルを指定する必要があります。印刷オーガナイザでは、印刷定義の作成時に、既定の印刷スタイルとプリンタの印刷スタイルを指定することもできます。印刷オーガナイザは印刷スタイルを次の順序で処理します。

  1. 既定の印刷スタイル
  2. プリンタの印刷スタイル
  3. 「印刷定義を作成」ダイアログボックスで指定された印刷スタイル

可変印刷定義の作成時にこれら3つの種類の印刷スタイルがすべて指定されている場合で、印刷プロパティの重複または競合が発生した場合、既定の印刷スタイルやプリンタの印刷スタイルによって割り当てられた印刷プロパティよりも、「印刷定義を作成」ダイアログボックスで指定された印刷スタイルで指定された値が優先されます。

印刷オーガナイザに可変印刷定義が追加されると、「プロパティ」および「プロパティを変更」ダイアログボックス、あるいは組み込み編集機能を使用して、ソースファイルの名前、DGNとDWGのソースファイルのオプションのモデル名、および印刷スタイル名を編集できます。印刷定義の修正の詳細については、「印刷定義プロパティの変更」を参照してください。



可変印刷定義

デザインファイル(DGN/DWGデータ)の場合、複数形状枠の検索ワークフローを使用していると、可変印刷定義の使用時に枠を印刷する順序を変更することができません。順序が予測できない場合もあります。

可変印刷定義ではページの数が不明であり、情報もほとんど示されないため、印刷オーガナイザの一部の機能は可変印刷定義に対応しません。たとえば、総ページ数を返すデザインスクリプトやペンテーブルのキーワードなどです。総ページ数はジョブが完了するまで不明です。また、同じ理由により、セット内の位置を示す印刷定義式のシンボルも対応しません。詳細については、「可変印刷定義においてページ番号付けトークンと総ページ数トークンを使用するにあたってのガイドライン 」を参照してください。

プロジェクトが完了したら、印刷セット内のすべての可変印刷定義を固定印刷定義に変換できます。詳細については、「可変印刷定義から固定印刷定義への変換 」を参照してください。

一般に、次の場合、可変印刷定義を選択すると最適な結果が得られます。

  • 印刷セット内のすべてのシートを同じように印刷する必要がある。
  • デザインファイルのソースファイル名とモデル名以外の各印刷定義のプロパティを変更または確認する必要がない。
  • 印刷定義ごとに総ページ数を把握する必要がない。
  • 単一の印刷セット内のソースファイルのリストを維持し、随時プリンタを切り替える必要がある。