MicroStation CONNECT Edition Help

名前付きグループのテンプレート標準チェックのレポート

要素テンプレートをチェックしている場合は、標準チェッカーで標準チェックに失敗した要素を名前付きグループに追加することができます。これを実現するには、「標準チェッカー」ダイアログボックスの「名前付きグループ」チェックボックスをオンにします。名前付きグループの既定の名前は、"標準外の要素"です。

標準チェッカーを実行したら、「名前付きグループ」ダイアログボックスを開いて結果を確認します。標準外の要素の名前付きグループは、テンプレートの一覧と、各テンプレートに対する標準チェックに失敗した要素の数です。

標準外の要素のこのリストは、標準チェッカーに戻って、名前付きグループを選択し、"標準外の要素"という名前を使用するまで、「名前付きグループ」ダイアログボックスに表示されます。その後、以前の結果が上書きされます。

標準チェックに失敗した要素、修正された要素数、および修正が必要な要素数を追跡する場合は、標準チェックを実施するたびに「名前付きグループ」テキストボックスに違う名前を入力する必要があります。

注記: 「名前付きグループ」チェックボックスをオンにして、「対話的」チェックボックスをオンにし、対話的モードで発生したすべてのエラーを修正すれば、名前付きグループは作成されません。