MicroStation CONNECT Edition Help

3次元でデザイン平面の向きを合わせる

3次元の作図をマスターするには、アキュドローのデザイン平面の向きを合わせる方法を習得することが重要です。たとえば、アキュドローでは「アイソメ」ビューを使って非平面の複合連結または複合図形を任意の方向に簡単に配置でき、直交ビューに戻る必要はありません。つまり、単にデザイン平面の軸を「正面」、「上面」、または「側面」に回転させるだけで、直交ビューの平面で作図しながら「アイソメ」ビューで作業することができます。

これは真の3次元図面を作成しているときに最もよく実感できます。このような図面は通常、アイソメ図面(スプール図など)として描かれます。1つのビュー軸に沿ってパイプを開始し、それを<F><S><T>(それぞれ正面、側面、上面)のキーボードショートカットを使ってシフトすることにより、パイプを3次元空間内で捻ったり曲げたりできます。



作成中の単純なスプール図(各角のコンパスと、各頂点でのデザイン平面の向きを表示)

このように視覚的なビューで図面を操作しながら標準のビュー軸で作業できることは大変重要であるため、あるツールから別のツールに移ってもアキュドローは現在の向きを保持しています。<V>(ビュー)キーボードショートカットを使ってビューの向きに戻ることもできます。また、他のキーボードショートカットを使ってアキュドローコンパスを回転させ、要素の向きに揃えたり(<R> <E>)、ロードされている補助座標系に揃えたり(<R> <C>)、ビューを回転させてアキュドローコンパスの向きに揃えたり(<R> <V>)することができます。

デザイン平面の向きを微調整して目的の方向に軸を揃えるために使用できるアキュドローのキーボードショートカットの一覧を次の表に示します。

キー 結果
<V> デザイン平面を回転し、ビュー座標系の軸と揃えます。
<F> デザイン平面を回転し、標準の正面の軸と揃えます。
<S> デザイン平面を回転し、標準の右側面の軸と揃えます。
<T> デザイン平面を回転し、標準の上面の軸と揃えます。
<R>、<Q> デザイン平面を1点ですばやく一時的に回転するために使用します。
<R>、<A> デザイン平面を3点で恒久的に回転するために使用します。この回転は、アクティブな補助座標系を回転しているため、現在のツールを終了した後もアクティブです。「現在の原点を使用」をオンに設定すると、現在のデザイン平面の基準点をX軸の原点として使用でき、わざわざデータ点を入力する必要性がなくなります。もちろん、X軸の原点をデザイン平面の基準点以外に設定することもできます。
<R>、<C> デザイン平面を現在の補助座標系に回転します。
<R>、<E> デザイン平面を回転し、選択した要素の向きと揃えます。
<R>、<V> アクティブなビューを回転し、デザイン平面と揃えます。
<R>、<X> X軸を基準に、デザイン平面を90°回転します。
<R>、<Y> Y軸を基準に、デザイン平面を90°回転します。
<R>、<Z> Z軸を基準に、デザイン平面を90°回転します。
<E> 連続して<E>キーを押すと、最初にデザイン平面がX軸を基準に90°回転し、次にY軸を基準に90°回転し、その次は元の向きに戻ります。これは任意の向きのデザイン平面で作業する場合、特にモデルが図面ファイルの軸に相対的に回転するときに便利です。