MicroStation CONNECT Edition Help

1:1の境界線で図面を作成してデザインを拡大縮小するには

  1. 必要に応じて参照を使用して、DGNファイルおよびデザインモデルを作成します。
  2. シートモデルを作成します(デザイン図形要素と同じDGNファイルで作成しても別のDGNファイルで作成してもかまいません)。「注釈尺度」を1:1(フルサイズ)に設定します。
  3. シートモデルから、境界線ファイルを1:1(フルサイズ)の尺度で参照します。
  4. 「プロパティ」ダイアログボックスで、「境界参照ファイル」を新規参照ファイルとして設定します。
  5. シートモデルから、デザインモデルの必要なビューを各ビューを印刷する尺度で参照します。参照のネストを、すべての必要な下位参照が含まれるレベルに設定します。
  6. 必要に応じて、「参照」ダイアログボックスの「参照の表示方法を設定」ツールを使用して、参照の表示フォーマットを変更します。「参照」ダイアログのリストボックスで、「外形線」を設定できます。
  7. 注釈尺度のロックが有効であることを確認します。
  8. シートモデルに、文字および寸法を図面に必要なサイズで配置します。

    寸法を記入する場合は、参照尺度を有効にして、参照内の要素に寸法を記入するときに参照単位が使用されるようにします。

  9. 図面を1:1の尺度で印刷します。
    注記: この方法の場合、文字はリアルなサイズで配置されるので、注釈尺度のロックは必要ありませんが、注釈尺度のロックを有効にしておくのは良い習慣です。図面の尺度を変更する必要がある場合は、モデルの注釈尺度設定値を変更することで、すべての文字のサイズを簡単に変更できます。