MicroStation CONNECT Edition Help

基準点からスタックした直列寸法を作成するには

  1. 「直列寸法記入」ツールを選択します。
  2. モードを「スタックした直列」に設定します。

  3. データ点を入力して、寸法の基準点を定義します。
  4. データ点を入力して、補助線の長さ(基準点から寸法線までのオフセット距離)を定義します。

    「向き」が「座標軸」または「ビュー」に設定されている場合は、このデータ点で寸法軸も定義されます。

  5. データ点を入力して、寸法の終点を定義します。
  6. 「位置指定」が「手動」に設定されている場合は、データ点を入力して、寸法文字の位置を指定します。

注記: 「位置」が「手動」に設定されている場合、引き出し線と一緒に寸法を配置できます。

  1. 次の1つを行います。

    手順5に戻って、同じ基準点から別の場所に寸法を記入します。

    または

    リセットして、デザインに寸法を配置します。

  2. (オプション) 次の1つを行います。

    前に入力したデータ点を基準点として使用して、別の向きに(角を曲げて)寸法を記入するには、手順4に戻ります。

    または

    別の基準点から新しくスタックした寸法を記入するには、リセットして手順3に戻ります。

    スタックした直列寸法を作成(「位置指定」を「自動」に設定)



    スタックした直列寸法を作成(「位置指定」を「手動」に設定)