MicroStation CONNECT Edition Help

ボンヌ円錐図法

一般的には、18世紀にフランスの地理学者R.ボンヌがこの図法を多用しため、彼の名前が付けられています。ただし、この図法自体は400年以上も使用されています。複数の大陸を網羅したアトラスマップでよく見られました。正積図法で、中央子午線は直線になり、他のすべての子午線は複合極線になります。緯線は同心円の円弧になります。



今世紀初頭までは広く使用されていましたが、現在のアトラスマップメーカーではほとんど使用されていません。ただし、ヨーロッパの一部の国では今も使用されています。

この図法には、制限事項が2つあります。まず、原点の緯度が北極または南極にある場合は、ワーナー図法になります。ゼロによる除算を防ぐために、特別なコードが必要になります。

また、原点の緯度がゼロである場合、この図法の計算は正常に実行されず、正弦極線法に近くなります。