MicroStation CONNECT Edition Help

「ホーム」タブ

注記: 目的の「ホーム」タブのグループに"ジャンプ"するリンクを選択します。

属性

  • アクティブな色を設定したり、選択した要素の色を変更するには、「アクティブな色」ドロップダウンを開きます。
  • 線種
  • 選択された線種に対してアクティブな線種を設定するには、線種のドロップダウンを開きます。
  • 線幅
  • アクティブな線幅を設定したり、選択した要素の線幅を変更するには、線幅のドロップダウンを開きます。
  • 透過
  • アクティブな要素の透過を設定するには、透過のドロップダウンを開きます。
  • 優先度
  • アクティブな要素の優先度(2次元モデルのみ)を設定するには、優先度のドロップダウンを開きます。この優先度により、他の要素を基準にした要素の表示方法を決定します。
  • 要素クラス
  • 配置時にアクティブになる要素クラスを設定するには、要素クラスのドロップダウンを開きます。
 

本図

  • エクスプローラ
  • MicroStation内のプロジェクトの内容を管理および制御するために使用します。
  • 参照
  • 参照先モデルのアタッチとデタッチ、参照設定値の調整、参照ツールの選択を行うために使用します。
  • ラスターマネージャ
  • DGNファイルビューで1つ以上のラスター画像の表示を制御する場合に使用します。
  • ポイントクラウド
  • DGNファイルビューで、1つまたは複数のポイントクラウドの表示を管理するために使用します。
  • モデル
  • 開いているDGNファイルでモデルの作成、管理、切り替えを行うときに使用します。
  • 画層の表示
  • モデルの画層表示のオン/オフを切り替えるために使用します。
  • 画層マネージャ
  • 開いているDGN/DWGファイルとアタッチされた参照の画層の表示と画層ごとの線属性を制御するために使用します。
  • プロパティ
  • 幾何など、要素のプロパティを表示または修正するために使用します。
  • キー入力
  • キー入力コマンドを参照、作成、および入力するために使用します。
  • アキュドローをオン/オフ
  • 「アキュドローをオン/オフ」を選択すると、データ点の入力が容易になる「アキュドロー」ウィンドウが表示されます。
  • 補助座標
  • 補助座標系(ACS)の作成、コピー、削除、またはインポートを行ったり、ACSツールを選択するために使用します。
  • 保存ビュー
  • 保存ビューの作成、更新、適用、インポート、削除、および保存ビューのプロパティの編集に使用します。ビューを保存しておけば、特定の属性を持つビューをすぐに適用できます。
  • セル
  • このダイアログボックスを使用して、セルライブラリをアタッチします。また、セルライブラリがアタッチされている場合に、各種のセルをアクティブにします。
  • マークアップ
  • 使用法Bentley Navigatorのオーバーレイファイルに付加されたマークアップを表示します。マークアップは、注釈テキスト、手書き朱入れ、ペンおよび領域ハイライトにすることができます。
 

選択

  • 要素の選択
  • 修正または操作する要素を選択および選択解除するために使用します。選択した要素のセットは選択セットと呼ばれます。
  • 選択なし
  • デザインのすべての要素を選択解除します。
  • 属性で選択
  • 指定した基準に基づいて要素を選択するために使用します。
  • ロック
  • 選択した要素をロックします。ロックした要素の属性および位置を変更することはできません。ロックすると、誤って要素を操作してしまうことがないので便利です。ロックされた要素を操作しようとすると、MicroStationはビープ音を発してその要素がロックされていることを知らせます。
  • ロック解除
  • 選択した要素のロックを解除します。ロック解除した要素は、操作可能になります。
  • 最前面へ
  • 選択した要素をビュー表示の最前面に移動します。
  • 枠を配置
  • 枠を配置するために使用します。
  • 枠を修正
  • 枠を移動する場合、または枠の頂点の1つを修正する場合に使用します。
  • 枠内要素を操作
  • 枠の内容を移動、コピー、回転、鏡映、拡大縮小、または引き伸ばすために使用します。枠の内容は、枠および枠使用モード(伸ばしを除く)で定義されます。
  • 枠をファイルに保存
  • アクティブな枠内要素を新しいDGNファイルまたはDWGファイルにコピーまたは移動するために使用します。
  • 名前付き境界
  • 名前付き境界と名前付き境界グループの管理に使用します。
  • 切り取り
  • 選択した要素をクリップボードに切り取るために使用します。
  • コピー
  • 選択した要素をクリップボードにコピーするために使用します。
  • 貼り付け
  • 要素をクリップボードから貼り付けるために使用します。
 

線種

  • 文字スタイル
  • 文字スタイルを作成および修正するために使用します。また、アクティブな文字スタイル(スタイルがアクティブでない場合は、アクティブな文字属性)を設定します。
  • カスタムの線種
  • 線種を参照およびアクティブ化し、線種の調整項目を設定するために使用します。
  • 寸法スタイル
  • 寸法スタイルを作成および修正するために使用します。また、アクティブな寸法スタイル(スタイルがアクティブでない場合は、アクティブな寸法設定値)を設定します。
  • 複線のスタイル
  • 複線のスタイルを作成および修正するために使用します。また、アクティブな複線のスタイル(または、スタイルがアクティブでない場合は、アクティブな複線の定義)を設定します。
 

コレクション

  • セル
  • このダイアログボックスを使用して、セルライブラリをアタッチします。また、セルライブラリがアタッチされている場合に、各種のセルをアクティブにします。
  • アイテムタイプ
  • カスタムのアイテムタイプを作成してプロパティを追加するために使用します。
 

環境

  • 構成変数
  • 構成変数を編集、定義、保存、削除するために使用されます。
  • 選択事項
  • 製品の操作を制御するユーザー選択事項の設定値を設定するために使用します。
  • ライセンス管理
  • SELECTserver License Managerの同時使用ライセンスが適用されるアプリケーションライセンスとプログラムライセンスを、SELECTserverへアクセスすることにより継続的にネットワークに接続していないシステム(ワークステーション、ラップトップ、ポータブルなど)にチェックアウトするために使用します。
 

図面設定

  • シート境界を定義
  • (シートモデルのみ)シートモデルのプロットの用紙レイアウトを定義するために使用します。
  • 多角形を配置
  • 一連のデータ点を入力して多角形の頂点を定義し、多角形を配置するために使用します。
  • 直角多角形を配置
  • 長方形以外の、各辺が互いに垂直または平行である多角形を配置するために使用します。
  • 正多角形を配置
  • 3~4999本の同じ長さの辺と、同数の同じ角度の頂点からなる正多角形を配置するために使用します。
  • 円を配置
  • 円を配置するために使用します。
 

エントリ

  • ファンクションキー
  • キーボードのファンクションキーメニューを作成したり、現在のファンクションキーメニューを修正するために使用します。
  • ジェスチャ割り当て
  • タッチ対応デバイスのジェスチャにキー入力コマンドを割り当てるために使用します。