MicroStation CONNECT Edition Help

「材質エディタ」ダイアログボックス(拡張モード)の「全般」タブ

拡張モードでの材質パラメータを設定するためのコントロールが含まれています(「材質エディタ」ダイアログボックスの「設定値」メニューで「拡張モード」をオンにした場合)。



「注記」がオンの場合(「材質エディタ」ダイアログボックスの「設定値」>「説明を表示」)、各スライダの説明が表示されます。

設定説明
能率 スライダを調整、または該当するフィールドに値をキー入力して、材質の能率を直接定義できます。能率は、透過して環境に戻る、入射光の総パーセント数で定義されます。これには、拡散反射および鏡面反射、不透明度および半透明を透過する光が含まれます。能率が100%以上の場合は赤で表示され、材質が非現実的であることを警告します。現実の材質の能率は通常30~70%の範囲が一般的です。
「ロック」アイコン(能率) アイコンをクリックすると、ロックのオン/オフが切り替わります。


オンの場合(ロック状態)、材質の能率はロックされており、拡散反射、鏡面反射、不透明度、半透明などの構成要素を修正すると、自動的に他の構成要素を調整して、能率値を維持します。



オフの場合(非ロック状態)、拡散反射、鏡面反射、不透明度、透光などの構成要素を修正すると、能率値が変化しますが、自動的に他の構成要素を調整しません。

「色」ボタン レンダリングを行う場合に材質に使用する色を定義します。

矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。

  • カスタム - カスタム色を使用します。カスタム色を定義するには、色ボタンをクリックして「拡散反射色」ダイアログボックスを開き、色を定義します。「カスタム」を選択すると、選択した「拡散反射色」が色ボタンに表示されます。


  • 要素色を使用 - モデル内にある要素の色を使用します。


「色」尺度 材質で使用するパターンマップの比率を指定します。値の範囲は0(パターンマップのないべた塗り)~100(完全なパターンマップ)で、テキストフィールドにキー入力することもスライダを使用して調整することもできます。
「パターンマップ」アイコン 材質がパターンマップを使用するかどうかを定義します。矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。
  • オン - 定義すると、パターンマップが材質で使用されます。ポインタをパターンアイコンの上に置くと、現在のパターンマップ名が表示されます。


    パターンマップが定義されている場合、このアイコンをクリックすると、「マップエディタ」ダイアログボックスが開き、パターンマップの設定値を編集することができます。これには、画像ファイル、プロシージャ、グラデーションを選択するオプションが含まれます。パターンマップが定義されていない場合、アイコンをクリックすると「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、パターンマップに使用する画像ファイルを選択することができます。

  • オフ - パターンマップは材質では使用しません。
拡散反射 全方向に等しく反射する入射光のパーセントを定義します。これは、材質全体の明るさに影響します。
「拡散反射」尺度 材質で使用する拡散反射マップの比率を指定します。値の範囲は0(暗)~100(明)で、テキストフィールドにキー入力することもスライダを使用して調整することもできます。
「拡散反射マップ」アイコン 材質に拡散反射マップを使用するかどうかを定義します。矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。
  • オン - 定義すると、材質で拡散反射が使用されます。ポインタを拡散反射アイコンの上に置くと、現在の拡散反射マップ名が表示されます。


    アイコンをクリックすると「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、拡散反射マップに使用する画像ファイルを選択することができます。画像ファイルを選択すると、「マップエディタ」ダイアログボックスが開き、拡散反射マップの設定値を編集することができます。これには、画像ファイル、プロシージャ、グラデーションを選択するオプションが含まれます。

    拡散反射量のマップは、拡散反射色設定の乗数として機能します。拡散反射マップを適用すると、マップの黒いピクセル領域の材質には拡散反射が適用されず、白いピクセル領域の材質には指定量までの拡散反射が適用されます。拡散反射マップをパターンマップと組み合わせて使用すると、拡散反射でより強いコントラストを得ることができます。



    拡散反射マップを使用していない材質(左)、単純なグレースケールのレンガテクスチャの拡散反射マップを使用した材質(右)

  • オフ - 拡散反射は材質では使用されません。
  • パターン|バンプ|鏡面反射|反射率|不透明度|遮光|仕上げにリンク - 選択したマップまたは設定に、拡散反射マッピングをリンクします。


  • リンク解除 - (拡散反射マップが他のマップや設定にリンクされている場合にのみ使用可能)拡散反射の設定のリンクを解除できます。
投影 オンの場合、材質の影を投射することができます。オフの場合、材質の影は投射されません。
図形マップアイコン 材質が図形マップを使用するかどうかを定義します。矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。
  • オン - 図形マップを定義すると、材質で拡散反射が使用されます。ポインタを図形マップアイコンの上に置くと、現在の図形名が表示されます。


    アイコンをクリックすると「セルライブラリ」ダイアログボックスが開き、図マップに使用するセルを選択することができます。セルを選択すると、「マップエディタ」ダイアログボックスが開き、図マップの設定値を編集することができます。

  • オフ - 図マップは材質では使用されません。


  • パターン|バンプ|鏡面反射|反射率|不透明度|遮光|仕上げ|拡散反射にリンク - 選択したマップまたは設定に、図形マッピングをリンクします。
「鏡面反射色」アイコン 鏡面反射ハイライトおよび不透明度色を定義します。

矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。

  • プラスチック - 鏡面反射ハイライトおよび不透明度色は白になります。


  • 金属 - 鏡面反射ハイライトおよび不透明度色は基本材質と同じ色になります。


  • 要素を使用 - 鏡面反射ハイライトおよび不透明度の色は要素と同じ色になります。


  • 色マップ - 鏡面反射ハイライトがテクスチャマップによって定義されます。




    鏡面反射色:マップを使用しない場合(左)とマップを定義した場合(右)

  • カスタム - カスタム色を指定している場合(鏡面反射色ボタンをクリックして「鏡面反射色」ダイアログボックスを開くと、カスタム色を定義できます)のみ使用することができます。カスタム色を定義すると、ボタンにカスタム色が表示されます。


「鏡面反射」尺度 入射光の反対方向に反射する入射光のパーセントを定義します。値の範囲は0(光沢なし)~100(光沢あり)で、テキストフィールドにキー入力することもスライダを使用して調整することもできます。
「鏡面反射マップ」アイコン (「鏡面反射」の値がゼロより大きい場合のみ有効)鏡面反射をマップやその他の設定にリンクできます。矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。
  • オン - 定義すると、パターンマップが鏡面反射で使用されます。ポインタをパターンアイコンの上に置くと、現在のパターンマップ名が表示されます。


    アイコンをクリックすると「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、鏡面反射パターンマップに使用する画像ファイルを選択することができます。画像ファイルを選択すると、「マップエディタ」ダイアログボックスが開き、パターンマップの設定値を編集することができます。これには、画像ファイル、プロシージャ、グラデーションを選択するオプションが含まれます。



    鏡面反射の材質:マップを使用しない場合(左)とマップを使用した場合(右)

  • オフ - 鏡面反射マッピングをオフにします。
  • パターン/バンプにリンク - 鏡面反射マッピングを、現在のパターンマップまたはバンプマップにリンクします。


  • リンク解除 - (鏡面反射マップが他のマップや設定にリンクされている場合にのみ使用可能)鏡面反射の設定のリンクを解除できます。
「仕上げ」アイコン (追加の鏡面反射プロパティが表示されている場合のみ表示)サーフェス材質の粗さの計算方法を定義します。ボタンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。
  • カスタム - 仕上げの値を設定できます。値の範囲は0(粗い)~100(スムーズ)です。


  • オフ - 鏡面反射ハイライトは表示されません。
  • 鏡面反射にリンク済み - 仕上げを鏡面反射の設定にリンクして、鏡面反射の設定を修正したときに、反射率の設定が同様に修正されるようにします。


「仕上げ」尺度 (追加の鏡面反射プロパティが表示されている場合のみ表示)材質のサーフェスの粗さを定義します。値を小さくすると、鏡面反射ハイライトが大きくなりサーフェスは粗くなります。値を大きくすると、鏡面反射ハイライトが狭くなりサーフェスはスムーズになります。値の範囲は1(粗い)~100(スムーズ)です。
「仕上げマップ」アイコン (「仕上げ」が「カスタム」に設定され、値がゼロより大きい場合のみ有効)「仕上げ」をマップやその他の設定にリンクできます。矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。
  • オン - 定義すると、パターンマップが仕上げで使用されます。ポインタをパターンアイコンの上に置くと、現在のパターンマップ名が表示されます。


    アイコンをクリックすると「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、パターンマップに使用する画像ファイルを選択することができます。画像ファイルを選択すると、「マップエディタ」ダイアログボックスが開き、パターンマップの設定値を編集することができます。これには、画像ファイル、プロシージャ、グラデーションを選択するオプションが含まれます。

  • オフ - 仕上げマッピングをオフにします。
  • パターン/バンプ/鏡面反射/反射率/不透明度/遮光にリンク - 仕上げマッピングを、現在のパターンマップやバンプマップ、または鏡面反射、反射率、不透明度、遮光の設定にリンクします。


  • リンク解除 - (仕上げマップが他のマップや設定にリンクされている場合にのみ使用可能)仕上げの設定のリンクを解除できます。
「反射率」アイコン (追加の鏡面反射プロパティが表示されている場合のみ表示)反射量の計算方法を定義します。ボタンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。
  • 鏡面反射にリンク - 反射率を鏡面反射の設定にリンクして、鏡面反射の設定を修正したときに、反射率の設定が同様に修正されるようにします。


  • 色マップ - 反射がテクスチャマップによって定義されます。


  • カスタム - 鏡面反射より小さな値で反射率の値を定義できます(反射率は鏡面反射の値を超えられません)。


「反射率」尺度 (追加の鏡面反射プロパティが表示されている場合のみ表示)「反射率」が「カスタム」に設定されている場合のみ有効です。反射シーンにある他のオブジェクトからの入射光量を定義します。値の範囲は0(なし)~100(完全)ですが、「鏡面反射」未満または等しい値であることが必要です。値はテキストフィールドにキー入力することもスライダを使用して調整することもできます。
「反射率マップ」アイコン (「反射率」が「カスタム」に設定されており、値がゼロより大きい場合のみ有効)「反射率」をマップやその他の設定にリンクできます。矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。
  • オン - 定義すると、パターンマップが反射率で使用されます。ポインタをパターンアイコンの上に置くと、現在のパターンマップ名が表示されます。


    アイコンをクリックすると「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、パターンマップに使用する画像ファイルを選択することができます。画像ファイルを選択すると、「マップエディタ」ダイアログボックスが開き、パターンマップの設定値を編集することができます。これには、画像ファイル、プロシージャ、グラデーションを選択するオプションが含まれます。



    材質の反射率:マップを使用しない場合(左)とマップを使用した場合(右)

  • オフ - 反射率マッピングをオフにします。
  • パターン/バンプ/鏡面反射にリンク - 反射率マッピングを、現在のパターンマップやバンプマップ、または鏡面反射の設定にリンクします。


  • リンク解除 - (反射率マップが他のマップや設定にリンクされている場合にのみ使用可能)反射率の設定のリンクを解除できます。
「フレネル」アイコン サーフェス材質のフレネルの計算方法を定義します。
  • カスタム - 鏡面反射より小さな値でフレネルの値を定義できます(反射率は鏡面反射の値を超えられません)。


  • 反射率にリンク - フレネルを鏡面反射の設定にリンクして、鏡面反射の設定を修正したときに、反射率の設定が同様に修正されるようにします。


フレネルスケール フレネル値は光がサーフェスに視射角で当たったときに、鏡面反射値を増やします。この値を大きくすると、視射角で鏡面反射値が大きくなります。
「フレネルマップ」アイコン 「フレネル」をマップやその他の設定にリンクできます。

矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。

  • オン - 定義すると、フレネルマップが使用されます。ポインタをアイコンの上に置くと、現在のマップ名が表示されます。

    アイコンをクリックすると「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、マップに使用する画像ファイルを選択することができます。画像ファイルを選択すると、「マップエディタ」ダイアログボックスが開き、マップの設定値を編集することができます。

  • オフ - フレネルマッピングをオフにします。
  • リンク先 - ドロップダウンメニューに、フレネルマッピングをリンクするオプションが多数表示されます。
ブラー反射 (反射率が0より大きい場合のみ)オンにすると、材質に表示されている反射がぼやけます。ブラーの適用量は、「仕上げ」設定で制御します。


材質の反射率:ブラー反射をオフ(左)とブラー反射をオン(右)

反射光 (ブラー反射がオンの場合のみ)ブラーの適用時に使用する反射光の数量を設定します。光の数を増加すると、画像の質は向上しますが、レンダリング時間は長くなります。
「クリアコート」尺度 材質上にクリアコートラッカーの効果を生成します。ベースコート材質にクリアコーティングの画層を重ねることにより、きわめてリアルな自動車ペイントやその他の仕上げを作成できます。

「クリアコート」スライダの範囲は0(なし)~100(フル)で、ほとんどの自動車ペイントでは30 ~60に設定すると良好な結果になります。100を超える値をキー入力すると、より厚いクリアコートを生成できます。

注記: クリアコート画層を追加する場合、ベースコートは基本的にピグメント(色)画層なので反射率はゼロに設定すべきです。クリアコートを追加すると、反射効果のある仕上げになります。


材質にクリアコートを使用しない場合(左)とクリアコートを適用した場合(右)

「クリアコートマップ」アイコン クリアコートマップを選択するか、クリアコートを他の設定にリンクできます。

クリアコートマップにより、適用するクリアコートラッカーの厚さを変更できます。マップ内の黒いピクセルにはクリアコートが適用されず、白いピクセルには材質に定義されたクリアコート値が適用されます。



単純なレンガパターンのマップを使用したクリアコート

  • オン - 定義すると、パターンマップがクリアコートで使用されます。ポインタをパターンアイコンの上に置くと、現在のパターンマップ名が表示されます。アイコンをクリックすると「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、パターンマップに使用する画像ファイルを選択することができます。画像ファイルを選択すると、「マップエディタ」ダイアログボックスが開き、パターンマップの設定値を編集することができます。これには、画像ファイル、プロシージャ、グラデーションを選択するオプションが含まれます。


  • オフ - パターンマップはクリアコートでは使用しません。
  • パターン|バンプ|鏡面反射|反射率|不透明度|遮光|仕上げ|拡散反射|輝きにリンク - 選択した設定にクリアコートをリンクします。


  • リンク解除 - (クリアコートマップが他のマップや設定にリンクされている場合にのみ使用可能)クリアコートの設定のリンクを解除できます。
「異方性」スケール サーフェス上の"スクラッチ"の方向を制御します。値の範囲は -100% ~ +100%で、次のような結果になります。
  • -100%の場合、ハイライトが水平方向に強調されます。
  • +100%の場合、ハイライトが垂直方向に強調されます。


    異方性を-100%から+100%に移行していった場合の画像の変化

「異方性マップ」アイコン 異方性マップを指定して、異方性の方向を変更できます。異方性マップの状態と結果は、次のとおりです。
  • 明るい - 垂直方向にハイライトが強くなります。
  • 暗い - 水平方向にハイライトが強くなります。


    異方性マップを適用した材質

  • オン - 異方性マップをオンにします(定義されている場合)。


  • オフ - 以前に定義した異方性マップをオフにします。
  • パターン|バンプ|鏡面反射|反射率|不透明度|遮光|仕上げ|拡散反射|輝き|クリアコート|異方性にリンク - 「なし」、「画像」、「グラデーション」、「プロシージャ」など、選択したマップに定義されたものを使用します。


  • リンク解除 - (異方性マップが他のマップにリンクされている場合にのみ使用可能)異方性マップのリンクを解除できます。
「バンプ」尺度 材質にバンプマップが指定されている場合のみ有効です。バンプマップによる起伏の程度をコントロールします。値をテキストフィールドに入力するか、スライダで調整します。値が大きくなるほど、起伏が大きくなります。


バンプマップを使用しない例(左)とバンプマップを適用した例(右)

「バンプマップ」アイコン バンプマップがそれ以前に定義されていない場合、「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、バンプマップとして使用する画像ファイルを選択することができます。

矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。

  • オン - バンプマップをオンにします(定義されている場合)。


  • オフ - 以前に定義したバンプマップをオフにします。
  • パターンにリンク - バンプマップで、パターンマップに定義されている設定を使用します。


  • リンク解除 - (バンプマップがパターンマップにリンクされている場合にのみ使用可能)バンプマップとパターンマップのリンクを解除できます。
置換(mm) (置換マップが適用されている場合のみ)置換マップを置換する最大距離を設定します。
「置換マップ」アイコン 置換マップが以前に定義されていない場合、「画像ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、置換マップとして使用する画像ファイルを選択することができます。


置換マップを使用しない例(左)と置換マップを適用した例(右)

矢印型のアイコンをクリックすると、次のオプションを持つメニューが開きます。

  • オン - 置換マップをオンにします(定義されている場合)。


  • オフ - 以前に定義した置換マップをオフにします。
  • パターン|バンプ|鏡面反射|反射率|不透明度|遮光|仕上げ|拡散反射|輝き|クリアコート|異方性にリンク - 「なし」、「画像」、「グラデーション」、「プロシージャ」など、パターンマップに定義されたものを使用します。


  • リンク解除 - (置換マップがパターンマップにリンクされている場合にのみ使用可能)バンプマップとパターンマップのリンクを解除できます。
法線マップ


材質の法線マップを定義できます。マップを個別に選択するか、またはオプションメニューで他のマップにリンクします。

法線マップでは、多角形のサーフェス法線を画像によって完全に定義することができます。バンプマッピングと同様に、法線マップを使用するとサーフェス法線が無秩序になります。法線マップにより、サーフェス上のすべての点のサーフェス法線が置換されます。これにより、下位のポリゴンモデルを使用しても、より複雑なモデルを使用しているかのようにサーフェス法線の詳細が保持されます。以下の画像を見てみると、法線マップにより、特に置換の少ない領域で、右の画像のほうが左の画像よりも影の定義が優れています。



「輝き」アイコン 発光色を定義したり、輝きを他の設定値にリンクしたりできます。
  • 拡散反射にリンク - 発光色を基本色/マップにリンクします。
  • 鏡面反射にリンク - 発光色を鏡面反射の設定にリンクします。
  • 色マップ - 発光色が色マップによって定義されます。アイコンをクリックして、色マップを選択または変更します。
  • カスタム - アイコンに表示される発光色を選択できます。アイコンをクリックして、カスタム色を定義または変更します。
輝き 材質が発光する光の量を定義します。この値は材質の全体的な反射を制御するもので、入射光の量とは関係していません。

右側のオプションメニューボタンをクリックして、一般的な発光オブジェクトでの輝きの値から選択します。

「発光マップ」アイコン 材質の発光マップを指定できます。発光マップは、リンクさせることもできます。

発光マップのピクセルにより、材質に定義された発光値を使用して、面によって放射される発光の屈折を100%まで指定できます。次の画像の例では、白の背景(輝きの値100%)に黒の文字と境界線のある発光マップを使用しています。



白の背景(輝きの値100%)に黒の文字と境界線のある発光マップを使用した例

プレビュー 定義/編集中の材質のプレビューを表示するコントロールが含まれています。