MicroStation CONNECT Edition Help

「プロパティ」ダイアログボックスの「メイン」タブのPDF設定値

PDF印刷定義の用紙とレイアウトのプロパティを変更するときに使用します。

設定説明
ファイル名 印刷定義に関連付けられたPDFファイルのフォルダ名やファイル名を変更するときに使用します。ファイルを移動した場合、またはファイルの名前を変更した場合は、フォルダ名やファイル名の変更が必要になることがあります。ファイルの場所がわからない場合は、「参照」アイコンをクリックします。
用紙サイズ:最適な用紙サイズを選択

選択した場合、このコントロールを使用すると、PDFのページサイズが最も近いフォームサイズにマップされます。このフォームサイズは、対象プリンタの使用可能なフォームの一覧から選択されます。用紙サイズがプリンタにインストールされていない場合、プリンタは停止し、適切な用紙サイズをロードするよう求めるメッセージが表示されます。たとえば、用紙サイズがCサイズのPDFを、8.5×11(Letter)、11×17(Tabloid)、11.66×18(Tabloid Extra)しかサポートしていない小型レーザープリンタで印刷するとします。この場合、PDF用紙サイズは、プリンタドライバで使用できる一番大きなフォーム(Tabloid Extra)の印刷可能領域に合わせて縮小され、適切な用紙サイズをロードするように求めるメッセージが表示されます(まだインストールされていない場合)。このCサイズのPDFを、サイズA~Eをサポートする大型プリンタに送信した場合は、Cサイズのフォームが印刷用に選択されます。

注記:
  • このオプションは、さまざまな用紙サイズのPDFを、すべての用紙サイズに対応する大型プリンタで印刷する場合に適しています。
  • 「サイズが超過するページを縮小」の設定値に関係なく、大きなPDF用紙サイズが自動的に小さな用紙サイズに縮小されます。
用紙サイズ:選択 選択した場合、このコントロールにより、PDFドキュメントのページごとに特定の用紙サイズを選択できます。

NONEフォームは、印刷の出力先が「InterPlotに送信」に設定され、選択したプリンタが、NONEフォームをサポートするInterPlotプリンタの場合に使用できます。「InterPlotに送信」オプションは、Windowsプリンタドライバを使用しているときにのみ使用可能です。

NONEフォームで印刷する場合、フォームサイズは自動的に印刷サイズに設定されます。たとえば、フォームサイズが100×100インチで、印刷サイズが34×22インチの場合、「用紙サイズ」コントロールがNONEに設定されていると、フォームサイズは34×22インチに設定されます。

用紙ソース 特定のトレイまたは用紙の種類(トレイ1、トレイ2、光沢紙、普通紙)を指定できます。たとえば、トレイの1つに凝ったレターヘッドの用紙を設定し、セットの最初のページのみをこの用紙に印刷することができます。
フルシート Windowsドライバが選択されている場合のみ表示)このコントロールを使用すると、選択した用紙サイズの端いっぱいまで使用してPDF画像が印刷されます。設定した場合は、プリンタドライバで「フルシートモード」プロパティを設定した場合と同じです。オフにすると、用紙の印刷可能な部分のみが印刷対象となります。

たとえば、レターサイズの用紙(通常は8.5×11インチ)に印刷しているのに、最大印刷サイズが8×10.5インチの場合があります。この場合、フルシートが設定されていると、最大印刷サイズがシートサイズである8.5×11インチになります。

フルシートが設定されている場合、用紙の周辺部の印刷不可能な範囲にある幾何は(プリンタによって)切り取られることがあります。

サイズが超過するページを縮小 選択したプリンタのアクティブな用紙サイズに合わせて、大きなページを縮小できます。
中央 設定した場合、PDFはページの中央に配置されます。
PDFコメントを印刷 選択した場合、このコントロールにより、PDFコメント(注釈およびマークアップ)を印刷できます。
注記: このコントロールは、pdf.pltcfgを使用してPDFに印刷する場合は適用されません。他のプロパティの設定によってPDFを強制的にラスタライズする場合を除き、入力PDFが単にそのまま出力PDFにコピーされます。PDFコメントに対する制御は、出力PDFを印刷するときまで適用されません。
リフレッシュ プレビュー画像の下の「リフレッシュ」アイコンをクリックすると、プレビュー画像がリフレッシュされます。
PDFの概観を表示 設定した場合、印刷するPDFがプレビュー画像で表示されます。オフにすると、定義されたシートが余白を含めて表示されます。
注記: PDFドキュメントの印刷には、ラスタライズおよび非ラスタライズという2つの方法があります。
  • 非ラスタライズ - 非ラスタライズは、パススルーと考えることもできます。パススルーでの印刷は、pdf.pltcfgを使用していて、PDFの印刷定義で「最適な用紙サイズを選択」が有効になっている場合にのみ実行されます。この場合、ソースPDFがそのまま出力PDFに挿入され、「中央」「サイズが超過するページを縮小」などの設定値は適用されません。
  • ラスタライズ - ラスタライズPDF印刷の場合は、ソースPDFがRGB画像にレンダリングされ、画像の寸法はソースPDFの媒体および切り取り長方形、出力先フォームサイズ、および縮小設定値に基づいて計算されます。拡大/縮小される可能性のある媒体および切り取り長方形のアスペクト比は、出力先フォームのアスペクト比と一致しない場合があります。その場合は、「中央」の設定値に基づいて、ラスタライズ後の画像をフォームの中央に配置するかどうかを決定します。