MicroStation CONNECT Edition Help

3Dconnexionデバイスを使用した図形入力

3Dconnexion 3Dマウスを使用すると、3Dモデルをパン、ズーム、および回転することができます。これらの操作は、3Dconnexionデバイスのコントローラキャップを押したり、引いたり、ひねったり、傾けたりして行います。

「3次元入力」ツールボックス(キー入力コマンド:VIEW NAVIGATION 3DINPUT TOOLBOX)を使用すると、3Dconnexionデバイスの動作を制御できます。このツールボックスは次のオプションをサポートしています。

  • ウォークモード - ユーザーが前後に移動するときにカメラ(視点)の現在の仰角(Z位置)は維持されますが、カメラの高さは変更できます。ウォークモード時にカメラの高さをうまく変更できない場合は、「3Dconnexion Control Panel」ダイアログボックスを開いて速度スライダを下げるか、「App Configuration」タブの「Dominant axes」チェックボックスをオンにします。3Dconnexion入力デバイスの既定のモードはウォークモードです。
  • フライモード - カメラを視線に沿って自動的に前方に移動します。カメラの移動方向やカメラの傾斜について制限はありません。フライモードは、「3Dconnexion Control Panel」の「App Configuration」タブで「Dominant axes」チェックボックスをオンにしている場合に最も有効に機能します。
  • オブジェクトモード - ビュー内のオブジェクトを手で持っているように操作することができます。
  • 自動画層ビュー - カメラがオフになり、あらゆるカメラ傾斜が無効になっている場合にカメラを有効にするためのビューコマンドです。ビュー内の視野に応じて焦点距離も設定され、その設定に応じてパンやドリー速度の値も変更されます。