MicroStation CONNECT Edition Help

プリンタドライバ選択ガイド

次の表を参考にして、正しいBentleyプリンタドライバを選択してください。

出力先: プリンタドライバ構成ファイル 長所 短所
HPGL/2、HP RTLをサポートする標準のラージフォーマットプリンタ(HP、Xeroxなど) printer.pltcfgおよびinterplot.pltcfg 次のようなメーカー固有の機能にアクセスすることができます。

ホストベースの色補正および用紙処理(ホッチキス留め、折り畳み)

大量のベクトルデータおよびラスターデータにより、プリンタドライバが大量のホストメモリを消費し、異常終了する可能性があります。
hpglrtl.pltcfg 出力ファイルの生成が高速です。用紙サイズをユーザーが指定することができます。 メーカー固有の機能にはアクセスできません。
デスクトッププリンタ printer.pltcfgおよびinterplot.pltcfg メーカー固有の機能にアクセスすることができます。  
PostScript出力 pscript.pltcfg PostScriptを生成して、ドキュメントで使用したり(EPS)、後処理でPDFに変換したり、PostScriptプリンタに送信したりできます。 プリンタに送信するときに、メーカー固有の機能にアクセスできません。
pdf.pltcfg 直接PDFドキュメントを作成することができます。  
注記: ラスタライズモードの印刷機能を持つプリンタドライバであれば、部分的に透過して印刷することができます。この場合、「印刷」ダイアログボックスの「ラスタライズ」チェックボックスをオンにします。ラスタライズモードで印刷すると、ラスタライズしない場合よりもプロットファイルサイズが大きくなります。また、処理時間も長くかかる場合があります。