MicroStation CONNECT Edition Help

セル選択ファイル

「セル選択」ダイアログボックスは、セルの検索や配置、およびセル選択ファイル(.csf)の作成に使用します。セル選択ファイルには、複数のセルライブラリのセルを格納できます。セル選択ファイル内の各セルは、「セル選択」ダイアログボックスのボタンに表示されます。このダイアログボックスはサイズ変更が可能です。また、各セルのボタンをカスタマイズすることもできます。



セル選択ファイルに追加する各セルに対して、ボタンの次のプロパティを定義できます。

  • 3次元セルが表示される向き
  • セル(図形)、セル名、セル注記、セル(図形)と名前のどれを表示するか
  • セル(図形)またはセル(図形)と名前を表示する場合に、塗り潰した多角形をボタンに表示するか
  • セル名またはセル注記を表示する場合のフォント
  • ボタンをクリックしたときにアクティブ化されるキー入力コマンド

セル選択ファイルを追加した後、セルライブラリの内容全体を追加したり、複数のセルライブラリからセルを1つずつ追加したりできます。セルをセル選択ファイルに追加するときに、各ボタンのプロパティを定義できます。しかし、ほとんどのセルのボタンのプロパティを同じにする場合は、「既定と定義」ダイアログボックスで既定のプロパティを定義できます。



セルをセル選択ファイルに追加した後、「セル選択ボタンを設定」ダイアログボックスを使用してボタンのプロパティを変更できます。



各セル選択ファイルに対して、「ボタンサイズを定義」ダイアログボックスを使用して、すべてのボタンのサイズおよびボタン間の間隔を設定します。



セル選択ファイルは、セルを含むボタンのコピー、移動、削除、および追加を行って編集できます。