MicroStation CONNECT Edition Help

リセットポップアップメニューの使用

「[リセット]ポップアップメニュー」を使用すると、頻繁に使用するツールやユーティリティに簡単にアクセスできます。



リセットボタンをクリックするか、「選択事項」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「設定」 > 「ユーザー」 > 「選択事項」)の「入力」カテゴリにある「[リセット]ポップアップメニュー」選択事項で指定されている時間だけ押したままにすると、メニューが表示されます。

「[リセット]ポップアップメニュー」選択事項が既定(「押したままにする」)に設定されている場合は、メニューにアクセスするために必要な、リセットボタンを押したままにしておく時間の長さは、「入力」カテゴリの「押す時間の長さ」選択事項で決定されます。

リセットポップアップメニューを変更するには、「カスタマイズ」ダイアログボックスコンテキストメニューをカスタマイズします。

リセット

リセットを入力します。

このメニュー項目は、「選択事項」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「設定」 > 「ユーザー」 > 「選択事項」)の「入力」カテゴリ「[リセット]ポップアップメニュー」選択事項が「クリック」に設定されている場合にのみ、リセットポップアップメニューに表示されます。



RESET

ポップアップメニューオプション

「選択事項」ダイアログボックスの「入力」カテゴリが開きます。このダイアログボックスで、「リセットポップアップメニュー」および「押す時間の長さ」選択事項を設定できます。

このメニュー項目は、「[リセット]ポップアップメニュー」選択事項が「クリック」.に設定されている場合にのみ、リセットポップアップメニューに表示されます。

要素の選択

「要素の選択」ツールをアクティブにします。このツールは、修正または操作する要素を選択したり、選択を解除するために使用します。



このメニュー項目は、「要素の選択」ツールが選択されていない場合にのみ、リセットポップアップメニューに表示されます。

コピー

要素をコピーするときに使用する「要素コピー」ツールをアクティブにします。



移動

要素を移動するときに使用する「要素移動」ツールをアクティブにします。



尺度

要素のサイズを変更するときに使用する「尺度」ツールをアクティブにします。



回転

要素を回転させるときに使用する「回転」ツールをアクティブにします。



鏡映

要素を鏡映するときに使用する「鏡映」ツールをアクティブにします。



すべて選択

デザインのすべての要素を選択します。



「すべてを選択」は、主にスケッチやツールをテストするのに便利ですが、次の理由で特に大きなデザインに使用するには注意が必要です。

  • 選択セットに多くの要素を追加するのには、長い時間がかかることがあります。
  • 要素は、表示されているかどうかに関係なく選択されます。
CHOOSE ALL
ヒント: 通常、大量の要素を操作するときには枠を使用すると効率を向上させることができます。

選択解除

デザインのすべての要素を選択解除します。



CHOOSE NONE

前の要素を選択

前の選択セットを復元します。



CHOOSE PREVIOUS
注記: 現在選択されている要素の中に、前の選択セットに含まれていない要素がある場合は、「前の要素を選択」を選択すると、それらの要素は選択解除されます。

切り取ってクリップボードへ

後で貼り付けるために(リセットポップアップメニューから「クリップボードからの貼り付け」を選択)、選択した要素を切り取ってクリップボードに移動させます。要素は、別の「切り取ってクリップボードへ」または「クリップボードにコピー」が実行されるまでクリップボードに残ります。



要素が選択されていない場合、「切り取ってクリップボードへ」は淡色表示されます。

CLIPBOARD CUT

注記: 「テキストエディタ」ウィンドウでは、<Ctrl+X>キーを押すことにより、選択したテキストを切り取ることができます。

クリップボードにコピー

後で貼り付けるために(リセットポップアップメニューから「クリップボードからの貼り付け」を選択)、選択した要素をクリップボードにコピーします。要素は、別の「クリップボードにコピー」または「切り取ってクリップボードへ」が実行されるまでクリップボードに残ります。

要素が選択されていない場合、「クリップボードにコピー」は淡色表示されます。



CLIPBOARD COPY

注記: 「テキストエディタ」ウィンドウでは、<Ctrl+C>キーを押すことにより、選択したテキストをコピーすることができます。

クリップボードからの貼り付け

クリップボードの内容をデザインファイルにコピーします。「クリップボードからの貼り付け」を選択したら、次に要素を貼り付ける位置にデータ点を入力します。



貼り付けた後でも要素がクリップボードに残っているので、繰り返して貼り付けができます。

クリップボードに要素がない場合、「クリップボードからの貼り付け」は淡色表示されます。

CLIPBOARD PASTE
注記: 要素がクリップボードに切り取りまたはコピーされたときにスナップがアクティブな場合、その点は貼り付けの基準点として使用されます。
注記: 「テキストエディタ」ウィンドウでは、<Ctrl+V>キーを押すことによって、挿入点に文字を貼り付けることができます。文字を選択している場合は、その文字が置き換えられます。

要素削除

要素を削除するときに使用する「要素削除」ツールをアクティブにします。



プロパティ

効果はリボンの「プロパティ」ツールを選択したときと同じです。