MicroStation CONNECT Edition Help

「文字を配置」ツールを使用して文字を配置するには

  1. 「文字を配置」ツール「作図」 > 「注釈」 > 「文字」 > 「文字を配置」)を選択します。

    「テキストエディタ」ウィンドウが開きます。

  2. (オプション) 次の1つを行います。

    「テキストエディタ」ウィンドウで、ドロップダウンメニューから文字スタイル名を選択して文字スタイルを選択します。

    または

    「テキストエディタ」ウィンドウおよび「文字スタイル」ダイアログボックス「作図」 > 「注釈」 > 「文字」ダイアログボックス起動ツール)で、アクティブなフォントなど、アクティブな文字属性を調整します。

    文字スタイルを使用している場合、アクティブな文字属性を変更すると、それらの属性が無効になった文字が表示されます。つまり、文字は、文字スタイルで無効にされた属性を無視します。

  3. (オプション) 図面作成用のシートモデルを作成している場合は、最終的に図面の境界線をデザインに合わせて拡大縮小するので、「文字を配置」ツール設定値ウィンドウで「注釈尺度ロック」アイコンをオンにします。


  4. (オプション) 「文字を配置」ツール設定値ウィンドウで、アクティブ角度や配置方法(「基準点指定」、「自動改行」、「2点間に」、「向き一定」)など、関連する他のツール設定値を調整します。
  5. (「自動改行」方法の場合のみ)画面上に長方形を描画して、文字の境界を定義します。横書き文字の場合は幅のみ、縦書き文字の場合は高さのみが重要です。
  6. 「テキストエディタ」ウィンドウに文字を入力します。


  7. (オプション) 「テキストエディタ」ウィンドウのアイコンバーを使用して、入力した文字に書式設定を適用します。
    注記: 複数の書式を適用する場合は、「選択事項」ダイアログボックスの「文字」カテゴリ「ファイル」 > 「設定」 > 「ユーザー」 > 「選択事項」)で「すべての文字列に適用」オプションをオフにします。この設定をオフにしないと、キャレット(文字挿入位置を示すポインタ)位置や選択内容に関係なく、すべての文字に書式の変更が適用されます。
    注記: 同じノード内の文字列に複数の文字スタイルを適用することもできます。異なる文字スタイルを適用する文字を選択し、「文字スタイル」ドロップダウンリストから目的の文字スタイルを選択します。
  8. 次の1つを行います。

    (「基準点指定」と「向き一定」の場合のみ)ビューウィンドウでカーソルを移動すると、文字が動的に表示されます。モデルにデータ点を入力して、文字を配置します。

    または

    (「2点間に」の場合のみ)基準データ点としてデータ点を入力してから、カーソルを移動して必要な2点間の範囲を決定し、2番目のデータ点を入力して確定します。

    または

    (「自動改行」の場合のみ)文字を入力する前に位置はすでに定義されています。データ点を入力して、配置を確定します。

  9. 次の1つを行います。

    同じ文字のインスタンスをさらに配置する場合は、手順5に戻ります。

    または

    手順2に戻って(またはリセットボタンを押して)、他の文字を配置します。