MicroStation CONNECT Edition Help

TIFFプリンタドライバ

TIFFプリンタドライバは、汎用のLORIPドライバの代わりにTIFFラスター印刷ファイルを作成するための専用プリンタドライバです。

TIFFプリンタドライバは、白黒と24ビット色両方のTIFFファイルを生成することができます。このドライバは、LORIPのように印刷全体をメモリに保存するのではなく、一度に1スキャンライン分の出力を生成します。これによって、LORIPドライバを使用した場合よりも大きな出力サイズと解像度を使用することができます。

TIFFプリンタドライバは、製品のラスタライズされた印刷機能を利用します。このドライバが選択されている場合は、「印刷」ダイアログボックスの「ラスタライズ」チェックボックスがオンの状態で変更することができません。

注記: 製品の図形サブシステムからのすべてのラスタライズされた出力は、コンピュータのビデオカードから取得された、アンチエイリアシング効果が適用された24ビット色データです。白黒に変換する場合は、ディザリングする必要があります。その結果、デザインに白黒データしか含まれていない場合でも、白黒のラスター印刷ファイルが入力デザインよりぼやける可能性があります。

Bentley TIFFプリンタドライバ構成ファイルには、tiff.pltcfgという名前が付けられます。このセクションでは、tiff.pltcfgファイル内のプロパティについて説明します。プロパティは、「プリンタドライバ構成」ダイアログボックス「基本プロパティ」タブの「ドライバプロパティ」カテゴリに表示されます。