MicroStation CONNECT Edition Help

路面表示のスタンプの準備

路面表示をスタンプするときは、立体交差する出口/入口車線や橋のような、路面をまたぐオブジェクトがプロジェクトに含まれているかどうかを確認します。プロジェクト内の立体交差が他の立体交差をまたいでいる場合、立体交差の層を確認する必要があります。

必要な路面用の縞模様を含んだプロジェクトから、路面表示プランを活用することができます。路面表示プランを活用する場合、路面表示を表す線分を、立体交差の部分で分断する必要があります。この操作は、線分を切断して、立体交差する部分を別の画層に割り当てることで実現できます。

画層の表示を使用して、要素を分離することをお勧めします。

注記: 1つのメイン車線にいくつかの車線が立体交差する場合で、メイン車線以外の車線が互いに重ならないとき、スタンプはメイン車線に対して1つと、各交差車線に対して1つずつ作成する必要があります。メイン車線以外の車線が互いに重なる場合は、さらに追加のスタンプが必要になります。


左:立体交差がない無地のメイン車線。必要なスタンプは1つ。|中心:1つの立体交差がある無地のメイン車線。必要なスタンプは、メイン車線に1つ、交差車線に1つの計2つ。|右:2つの立体交差がある無地の車線。必要なスタンプは、メイン車線に1つ、各交差車線に1つずつの計3つ。



路面表示された車線