MicroStation CONNECT Edition Help

保存ビューと参照の設定値のソース

自動ダイナミックビューワークフローを使用して作成された保存ビューと参照の設定値は、保存ビューを作成して参照を配置する方法によって、異なる場所から取得できます。たとえば、3次元デザインモデルでは、断面吹き出しを配置するときに、ビューウィンドウに表示される内容は、画層と参照表示設定値から継承されますが、表示方法や表示方法設定値は、図面シードDGNLibファイルから継承されます。同様に、断面吹き出しを図面またはシートモデルに配置するときには、ビューウィンドウの表示内容が分割され、表示方法は図面シードDGNLibファイルによって決まります。あるいは、「切り取り領域を適用」ツールを使用して、図面シードを適用できます。この場合、表示内容と表示方法は、ビューウィンドウから取得されます。詳細については、次の表を参照してください。

操作 継承される設定値
3次元デザインモデルで新しい吹き出しまたは既存の吹き出しから保存ビューを作成する ビューウィンドウから:
  • ビュー表示
  • 参照ファイルビュー表示
  • 参照表示状態

吹き出しから:

  • カメラ位置
  • 切り取り領域

図面シードファイルの保存ビューから:

  • ビューの属性
  • 表示スタイル
  • 分野
  • 用途
図面またはシートモデルで新しい吹き出しまたは既存の吹き出しから保存ビューを作成する 参照から:
  • ビュー属性(詳細ビュー)
  • 表示スタイル(詳細ビュー)
  • ビュー表示
  • 参照ファイルビュー表示
  • 参照表示状態

吹き出しから:

  • カメラ位置
  • 切り取り領域

図面シードファイルの保存ビューから:

  • ビュー属性(詳細ビュー以外の保存ビュータイプ)
  • 表示スタイル(詳細ビュー以外の保存ビュータイプ)
  • 分野
  • 用途
3次元の新しい切り取り領域または既存の切り取り領域から保存ビューを作成 ビューウィンドウから:
  • ビューの属性
  • 表示スタイル
  • ビュー表示
  • 参照ファイルビュー表示
  • 参照表示状態

切り取り領域から:

  • カメラ位置
  • 切り取り領域

図面シードファイルの保存ビューから:

  • 分野
  • 用途
3次元デザインモデルで「保存ビューを作成」ツールを使用して、保存ビューを作成する ビューウィンドウから:
  • カメラ位置
  • ビューの属性
  • 表示スタイル
  • 切り取り領域
  • ビュー表示
  • 参照ファイルビュー表示
  • 参照表示状態

図面シードファイルの保存ビューから:

  • 分野
  • 用途
「図面を作成」ダイアログを使用して、新しい参照を図面モデルに配置する

OR

「図面を作成」ダイアログを使用して、新しい参照を直接シートモデルに配置する(「図面モデルを作成」チェックボックスをオフにする)

新しい保存ビューから:
  • カメラ位置
  • ビュー属性(「図面を作成」ダイアログが切り取り領域または「保存ビューを作成」ツールから開始される場合)
  • 表示スタイル(「図面を作成」ダイアログが切り取り領域または「保存ビューを作成」ツールから開始される場合)
  • 切り取り領域
  • ビュー表示
  • 参照ファイルビュー表示
  • 参照表示状態

図面シードファイルの参照ファイルから:

  • スナップやアクティブな注釈尺度を使用などの参照ファイル設定値
  • ビュー属性(「図面を作成」ダイアログが吹き出しから継承される場合)
  • 表示スタイル(「図面を作成」ダイアログが吹き出しから継承される場合)
  • 参照切り取りを使用
  • ビューを同期

マスター:参照の尺度は1:1です。

「図面を作成」ダイアログを使用して、新しい参照をシートモデルに配置する(「図面モデルを作成」チェックボックスもオンにする) カメラの位置は「上面」です。

新しい図面モデルから:

  • 切り取り領域
  • ビュー表示
  • 参照ファイルビュー表示
  • 参照表示状態

図面シードファイルの参照ファイルから:

  • スナップやアクティブな注釈尺度を使用などの参照ファイル設定値
  • ビューの属性
  • 表示スタイル
  • 参照切り取りを使用
  • マスター: 参照の尺度は、「図面を作成」ダイアログで設定される、図面シードファイルの参照ファイルの詳細尺度から取得されます。