MicroStation CONNECT Edition Help

代入文で色を指定する

デザインスクリプトの代入文を使用すると、塗り潰し要素や非塗り潰し要素に対して、さまざまな方法で色を指定できます。次の方法がサポートされています。

  • 整数 - 整数は0から255までのカラーインデックス。
  • 文字列 - 文字列は組み込みの色テーブルやカラーブックで定められた色名。
  • RGBデータタイプ - 色は、0~255の整数を3つ組み合わせて指定。

上記の方法で色を指定するための代入キーワードとは、次の3つです。

  • boundary_color
  • fill_color

次のセクションでは、代入文で色を指定するさまざまな方法について説明します。