MicroStation CONNECT Edition Help

初期レイアウトおよび印刷領域

「印刷」ダイアログを初めて起動すると、ほとんどの場合、印刷サイズがプリンタドライバ構成ファイルの既定の用紙サイズに最大化されます。ただし、プリンタドライバ構成ファイルで適切な印刷尺度が指定されていれば、この動作を変更できます。

印刷領域の長辺は、自動的に用紙の長辺に揃えて定義されます。Windowsプリンタ、PDF、CALS、TIFF、LORIPプリンタドライバ構成の場合は、最適な結果が得られるように用紙の向きが自動的に選択されます。その他のすべてのプリンタドライバ構成タイプについては、印刷の向きで設定します。通常、適切な尺度を得るために、回転や向きを手動で調整する必要はありません。

初期の印刷領域は、次のように決定されます。

  • アクティブなモデルにシート定義が含まれている場合、印刷領域はそのシート定義から取得されます。内部の枠は「印刷」ダイアログに保持され、印刷尺度はシートの内容全体が用紙サイズ内で最大化されるように設定されます。
  • シート定義が存在せず、枠が存在する場合、その枠によって印刷領域が定義されます。印刷尺度は、枠の内容全体が用紙サイズ内で最大化されるように設定されます。
  • シート定義も枠も存在しない場合、印刷領域はビューに合わせて設定されます。枠の印刷領域モードと同様、印刷尺度はビューの内容全体が用紙サイズ内で最大化されるように設定されます。

「印刷」ダイアログボックスの印刷「領域」リストボックスは、そのとき使用されている印刷領域を示すように設定されます。

印刷サイズと用紙サイズが正確に一致しておらず、プリンタドライバ構成ファイルで自動センタリングが有効になっている場合は、自動的に、印刷基準点がページの印刷領域の中心に設定されます。これは、印刷サイズや尺度を変更すると必ず発生します。