MicroStation CONNECT Edition Help

レンダリングしたビューの表示



ビューの表示モードを使用すると、ビューの表示スタイルをさまざまなスタイルに設定できます。ワイヤフレーム、隠線、塗り潰された隠線、イラストレーション、イラストレーション(影付き)、白黒、白黒(影付き)、スムーズ、スムーズ(影付き)、透明、透明(影付き)などのオプションが利用できます。



これらのオプションは、「ビュー属性」ダイアログボックスの「表示スタイル」オプションメニューでも使用できます。ビューをシェーディングモードに設定することで、"レンダリング"したビューで作業することができます。

Luxologyレンダリングでは表示スタイルの上書きが認められるため、表示スタイルがレンダリングするビューに適用される場合は色、透過性、材質などが使用されます。

ビューの向きを設定するには、陰線またはシェーディングオプションを使用すると便利です。

ワイヤーフレームモードで作業していると、ビューの方向が"分からなくなる"ことがあります。その場合は、表示スタイルを使用してデザインを視覚化すると便利です。



ワイヤフレーム表示では、モデルの方向を判断するのが難しい場合があります。

陰線またはシェーディングスタイルを使用すると、簡単にビューの方向を確認できます。



シェーディングスタイルを使用すると、ビューの方向を確認しやすくなります。

同様に、選択した表示スタイルで、画面上でアニメーションをプレビューすることができます。

ワイヤフレーム

サーフェス/ソリッドのエッジが表示され、後ろの要素も確認できます。



外形線

要素のうち実際に見える部分だけが表示され、オブジェクトの後ろに隠れる線は消去されます。



隠線/塗り潰し

外形線表示に似ていますが、多角形は要素の色で塗り潰され、漫画のような効果が得られます。



イラストレーション

塗り潰された陰線表示と似ていますが、要素に適用されている材質の定義を使用して多角形が影付き表示される点が異なります。



イラストレーション(影付き)

影付きのイラストレーション表示と同様に表示されます。



白黒

グレースケールのシェーディング画像として表示されます。



白黒(影付き)

影付きの白黒表示と同様に表示されます。



スムーズ

適用される場合、材質を含むスムーズシェーディング画像として表示されます。



スムーズ(影付き)

影付きのスムーズ表示と同様に表示されます。



透明

すべての要素が透明に表示されます。



透明(影付き)

影付きの透過表示と同様に表示されます。