MicroStation CONNECT Edition Help

「ビュー属性」ダイアログボックスの「表示方法」セクション

表示スタイルおよび属性を設定するためのコントロールが含まれています。

設定説明
表示スタイル ビューの内容の表示方法を制御します。
SET VIEW < FILLED | HIDDEN | PHONG | SMOOTH | WIREFRAME >
CHANGE VIEW < FILLED | HIDDEN | PHONG | SMOOTH | WIREFRAME >
CHANGE VIEW CUSTOM [ 表示スタイル名 ] [ ビュー番号 ]
「表示スタイル」ダイアログボックスを開く
「表示スタイル」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスは、アクティブなファイルの表示スタイルを定義および管理するために使用します。
補助座標軸


オンの場合には、アクティブな補助座標系(ACS)を表す3本1組の座標軸が表示されます。
SET ACSDISPLAY [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: ACSは、「補助座標」ダイアログボックス(「作図」 > 「作図補助」 > 「補助座標」ダイアログボックス起動ツール)を使用して制御されます。
背景


オンの場合には背景が表示されます。
SET BACKGROUND [ OFF | ON | TOGGLE ]
境界線表示


切り取り領域境界線のビュー表示を制御します。参照の切り取り境界についても制御します。

参照の切り取りはワールド座標値に相対的に定義されるため、切り取り領域はすべてのビューで同じになります。さらに、枠ではなくマスターファイル内の要素を選択することで、参照の切り取り境界の定義が可能になります。閉じた平面要素(図形、円、楕円、複合図形、グループ化されたホールなど)を選択できます。切り取り要素を変更すると、ビューは新しい切り取り境界線を反映して自動的に再表示されます。

SET REFBOUND [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: 参照切り取り境界線は、「参照ファイル枠外切り取り定義」ツールで定義されます。
カメラ


オンの場合には、オンに設定したビューのビューカメラがオンになります。アクティブなDGNファイルが2次元の場合には、このコントロールはオフになります(淡色表示されます)。
SET CAMERA < OFF | ON | TOGGLE >
注記: ビューカメラの使用の詳細については、「透視投影」を参照してください。
後切り取り


3次元ビューの切り取り面の外側にある要素および要素の一部を表示します。オンの場合、ビューで後方切り取り平面がアクティブになります。
前切り取り


3次元ビューの切り取り面の外側にある要素と要素の一部の表示を切り替えることができます。

オンの場合、ビューで前方切り取り平面がアクティブになります。

切り取り領域


特定のビューについて、要素と、定義済み切り取り領域の外側に配置された要素の部分との間で表示を切り替えます。オンの場合、ビューに切り取り領域が適用されているときは、3次元ビュー領域が、定義されている切り取り領域に制限されます。ビューに切り取り領域が適用されていない場合、効果はありません。
VIEW CLIP [ ALL | ICON | SINGLE ]
下書き要素


オンの場合には、下書き要素(「下書き要素」の「クラス」属性があるもの)が表示されます。
SET CONSTRUCT [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: 通常、プロッティングやレンダリングの前は、ビューの「下書き要素」はオフにします。
既定の照明


モデルに組み込まれたカメラの照明を使用します。
寸法


オンの場合には、寸法要素が表示されます。「寸法」をオフにすると、ビューの更新時間が短縮されます。
SET DIMENSION [ OFF | ON | TOGGLE ]
データフィールド/文字入力フィールド


オンの場合には、文字入力フィールドが表示されます。
SET ED [ OFF | ON | TOGGLE ]
SET EDCHAR
表示セット
オンの場合、要素の表示は現在の表示セットの要素だけに制限されます。
SET DISPLAYSET [ OFF | ON | TOGGLE ]
名前付きプレゼンテーション
オンの場合、パラメトリックセル内の名前付きプレゼンテーションに追加された要素を、対応するビューの向きで表示することができます。
高速表示セル


オンの場合には、セルは縁どりで表示されます。「高速表示セル」をオンにすると、ビューの更新時間が短縮されます。
SET CELLS [ OFF | ON | TOGGLE ]
高速表示曲線 高速表示曲線は、「ビュー属性」ダイアログボックスでは使用できません。キー入力コマンドでのみ使用できます。
SET CURVES [ FAST | SLOW | TOGGLE ]
ヒント: 「高速表示曲線」をオンにすると、ビューの更新時間が短縮されます。
塗り潰し


オンの場合、「塗り潰しタイプ」が「なし」または「不透明」の閉じた要素の色が塗り潰されて表示されます。
SET FILL [ OFF | ON | TOGGLE ]
グリッド


オンの場合には、グリッドが表示されます。等間隔に配置されるグリッド点と十字のグリッド参照点によって距離を視覚的に把握することができ、「グリッドロック」を使用して作図の精度を高めることもできます。
SET GRID [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: グリッド単位を設定または修正するには、「c-グリッドの使用」セクションを参照してください。
画層優先


オンの場合には、各要素の色、番号の付いた線種、および線幅の代わりに、上書きされた画層ごとの線属性(各画層に関連付けられた上書きの色、番号の付いた線種、線幅、材質の上書き)がビューに表示されます。
SET LVLSYMB [ OFF | ON | TOGGLE ]
SET REFLEVELOVERRIDES [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: 上書きされた画層ごとの線属性を設定するには、「画層マネージャ」ダイアログボックス「設定値」 > 「画層」 > 「マネージャ」)を使用します。
線種


オンの場合には、カスタム線種の要素は、そのカスタム線種で表示されます。

オフの場合には、カスタム線種の全要素は、標準の実線線種(0)で表示されます。「線種」をオフにすると、ビューの更新時間が短縮されます。

線幅


オンの場合には、カスタム線種の要素は、そのカスタム線幅で表示されます。

オフの場合には、すべての要素は線幅がゼロで表示されます。「線幅」をオフにすると、ビューの更新時間が短縮されます。

SET WEIGHT [ OFF | ON | TOGGLE ]
マーカー


オンの場合、マーカーがモデルに表示されます。アイコンの横の下矢印をクリックすると、モデルで使用可能な詳細記号のリストが表示されます。該当する詳細記号のマーカーを表示するために必要なチェックボックスを選択します。また、デザインに拘束が適用されている場合は、この同じ詳細記号のリストに拘束の表示オン/オフが表示されます。
SET MARKERS [ OFF | ON | TOGGLE ]
SET CONSTRAINTS [ OFF | ON | TOGGLE ]
パターン


オンの場合には、パターン要素が表示されます。「パターン」をオフにすると、ビューの更新時間が短縮されます。
SET PATTERN [ OFF | ON | TOGGLE ]
タグ


オンの場合には、タグは選択されたビューに表示されます。
SET TAGS [ OFF | ON | TOGGLE ]
文字


オンの場合には、「文字」要素が表示されます。文字要素は他の要素よりも表示に時間がかかるため、「文字」をオフにすると、ビューの更新時間が短縮されます。
SET TEXT [ OFF | ON | TOGGLE ]
文字ノード


オンの場合には、空白の文字ノードが識別番号の付いた小さい十字として表示されます。ただし、通常は、文字ノードを表示する必要はありません。
SET NODES [ OFF | ON | TOGGLE ]
透過


オンの場合、透過を要素、参照、および画層に適用します。
高さ(フィールド) オンの場合、PBRモードで材質に適用される高さマップの表示を切り替えます。
全体の輝度 「全体の輝度」スライダを使用して、要素の輝度を調整することができます。シェーディングの表示スタイル上でしか使用できない機能です。