MicroStation CONNECT Edition Help

カメラの設定

画像をレンダリングする準備の最終手順は、仮想ビューカメラの設定です。簡単な設定の場合、または普通に3次元デザインを移動する場合は、 「ウォーク」 ビュー制御またはビューボーダーのビュー制御バーを使用できますが、より詳細に設定する必要がある場合は、「カメラ定義」ツールのシンプルなシステムでビューのレンダリングを設定します。「カメラ位置」ツールと同様に、「カメラ定義」ツールには投影の表示方法を変更するオプションが含まれます。

一般的にムービーに使用される用語で、「カメラ定義」ツール設定値を使用してカメラの「方位設定」、「パン」、「ロール」、「ドリー」を行うことができます。このツールを使用すると、実際のカメラとその物理的な動きを簡単に想像できます。たとえば、視点に対して参照点を設定している場合、ビュー範囲のすぐ左にある領域を表示するときに、左側へ「水平にパン」すると、オブジェクトは予想通りに右へ移動します。